Webライター

【初心者向け】webライターの1日の文字数【目安やコツまで解説】

  • Webライターで1日にどれくらいの文字数を書くべきか分からない
  • 文字数を増やすコツを知りたい

こんな疑問に答えます。

本記事のポイント

Webライターが1日に書くべき文字数を紹介!

1時間あたりに書ける文字数や、文字単価など場合分けして必要な文字数や作業時間を解説します。

その他、文字数を考える際に初心者がやりがちな注意点までご紹介。

本記事の信憑性

筆者はWebライターとして文字単価を0.3円から3.0円まで上げてきました。また、ブログでWebライターの採用も行っており、数々のWebライターさんを見てきました。

これらの経験からWebライターが1日にどれくらいの文字数を書くべきか解説します。

michael
michael
結論、1日に書くべき文字数は5,000〜10,000文字くらいがベストだと思います。それ以上書けないこともないですが、毎日の作業と考えると1万以下が適切でしょう

Webライターが1日に書くべき文字数

Webライターが1日に書くべき文字数は月にどれくらい稼ぎたいかで決まります。

Webライターの場合、月収=1ヶ月間の文字数×文字単価です。つまり、

1日に書くべき文字数=1ヶ月間の文字数÷30

です。さらに細かく1日の文字数を考えるために

  • 文字単価がどれくらいなのか
  • 1時間あたりでどれくらい書けるか
  • 専業なのか副業なのか

で見ていきましょう。

文字単価がどれくらいなのか

文字単価は収入に大きく影響するので、書くべき文字数も変わってきます。

例えば月に15万円稼ぐ場合、月の文字数と1日に書くべき文字数は以下のようになります。

月に15万円稼ぐ場合
文字単価月の執筆文字数1日の文字数(1ヶ月30日)
0.530万文字1万文字
0.8187,500文字6,250文字
1.015万文字5,000文字
1.510万文字3,333文字
2.075,000文字2,500文字

0.5円だと毎日1万文字となるので、不可能ではないですがきついです。

ただし、文字単価1.0円までいけば5,000文字なので達成しやすいですね。

1時間あたりでどれくらい書けるか

月に15万円稼ぎたい場合の月の文字数と1日の文字数は下記のようになります。

月に15万円稼ぐ場合
文字単価月の執筆文字数1日の文字数(1ヶ月30日)
0.530万文字1万文字
0.8187,500文字6,250文字
1.015万文字5,000文字
1.510万文字3,333文字
2.075,000文字2,500文字

文字単価0.5円の場合は1万文字、文字単価1円の場合は5,000文字必要となります。

この場合の1時間あたりの文字数ごとで、作業時間が何時間必要かを求めていきます。

文字単価0.5円で15万円稼ぐ場合

1日の文字数1時間あたりの文字数必要な時間

10,000文字書く

500文字20時間
1,000文字10時間
1,500文字約6時間40分
2,000文字5時間
2,500文字4時間

文字単価0.5円は初心者レベルで、早くても1時間1,000文字くらいだと思います。

さらに初心者は見出し構成の過程でも時間を要するので、実際はもっと必要になると考えた方がいいです。

michael
michael
このレベルで15万稼ぐとしたら、通常の会社員より残業が必要になりますね…。

文字単価1.0円で15万円稼ぐ場合

文字単価1時間あたりの文字数必要な時間
5,000文字書く500文字10時間
1,000文字5時間
1,500文字約3時間20分
2,000文字2時間半
2,500文字2時間

文字単価1.0円になれば、15万円は十分に目指せますね。とはいえ、1時間で2,500文字書けるのは上級者でないと厳しいかなという印象です。

ただし、これは毎日稼働する場合なので休日を設ける場合は作業時間が増えるので注意。

専業なのか副業なのか

専業なのか副業なのかによっても変わってきます。専業の場合は先述の説明を参照ください。

副業の場合は専業と違い、「専業ほどの収入は必要ない・作業時間は少ない」という方が多いでしょう。

例えば、平日に2時間・休日に4時間作業する場合は1週間に18時間働くことになります。

18時間働いて文字単価が0.5円の場合の月収

1時間あたりの文字数1ヶ月あたりの文字数月収
500文字36,000文字18,000円
1,000文字72,000文字36,000円
1,500文字108,000文字54,000円
2,000文字144,000文字72,000円
2,500文字180,000文字90,000円

一方、文字単価1円の場合は以下の通り。

1時間あたりの文字数1ヶ月あたりの文字数月収
500文字36,000文字36,000文字
1,000文字72,000文字72,000文字
1,500文字108,000文字108,000文字
2,000文字144,000文字72,000文字
2,500文字180,000文字180,000文字

文字単価1.0円の場合は副業ペースでも10万円は目指せる範囲ですが、それでも平日に2時間・休日に4時間よりは時間を設けた方が良さそうです。

Webライターが1日の文字数を増やすコツ

Webライターが収入を上げるには、1日に書く文字数を増やすのが先決です。ここからは筆者がやってよかった、1日の文字数を増やすコツを紹介します。

  • 見出しと記事の流れの大枠を先に作る
  • タイピング速度を上げる
  • 執筆ジャンルに詳しくなる
  • モニター・マウスにこだわる

見出しと記事の流れの大枠を先に作る

一般的な記事作成の流れはKW調査→KW選定→見出し・記事構成→執筆となります。

Webライターはこのうち、KWが決められた段階から始まります。しかし、見出し・記事構成をすっ飛ばして、文章を書きながら見出しを作る人がいます。

これでは記事の流れがスムーズにならず、必要な見出しを見落とす可能性も高まります。

一見、遠回りに見えますが、見出しや記事構成、各見出しでどんなことを書くかを明確に決めた方が執筆は早く終わります。

筆者のおすすめの型

筆者の場合はマナブログで紹介されていた下記の構成を使っています。

  • ① 問題提起:読者が抱えている悩みや問題を明確にする。
  • ② 結果の明示:あなたの記事を読むとどうなるのかを具体的に伝える。
  • ③ 結果の根拠:②で示した結果が出る根拠を伝える。
  • ④ 行動:読者の行動は?(マネタイズ設計)

例えば、本記事は下記のように作りました。

見出し作成から、各見出しで何を書くかまでイメージできているので、執筆中に微調整はあれど大きなズレはなくなります。

まだまだ上手く作れるとは思いますが、このやり方で記事づくりを始めたら質もスピードも上がった印象があります。

michael
michael
④ 行動:読者の行動は?(マネタイズ設計)はアフィリエイト用記事なら何のリンクをどこに貼るか考える、集客用記事なら内部リンクの入れ場所を考えるなどがいいでしょう。

タイピング速度を上げる

言うまでもなく、タイピング速度も文字数にかなり影響します。

ブラインドタッチができた方がいいのは言うまでもないですが、個人的におすすめなのはファンクションキー付きのキーボードを使うことです。

例えば筆者が使っているロジクールのMX Keys Miniでは上部に多様なファンクションキーが付いており非常に便利です。

特にスクリーンショットはWebライターが活用する場面が多く、いちいち複数のキーを同時に押す手間がかからずボタン1つでいけるのはありがたいです。

さらにパーフェクトストロークという機能でタイピング精度も高まるので、ノートPCのタイピングが使いづらいと言う人はおすすめです。


執筆ジャンルに詳しくなる

執筆ジャンルに詳しいとリサーチの時間が減るので、執筆ペースが早まります。

さらに言えば、執筆ジャンルに詳しいと自身の経験から独自性のある記事を作れるので発注者からも喜ばれます。

michael
michael
Googleも専門家が書く専門性の高い記事を評価する傾向にあるので上位表示しやすくなるメリットもあります。筆者自身、これらのメリットからライターを雇う場合は執筆ジャンルの専門家に限定しています。
Webライターはジャンル選びが9割【失敗すると稼げません】Webライターのジャンル選びについて解説!ジャンル選びは稼げるジャンルか、仕事や趣味関連のジャンルがおすすめです。ジャンルの知識とSEOの知識があれば絶対に稼げます。...

モニター・マウスにこだわる

キーボードの話をしましたが、モニター・マウスも重要です。筆者の場合、文字数を上げる優先度はモニター>マウス>キーボードです。

モニター

その理由は下の画像を見れば一目瞭然です。

13インチのPC作業画面

 

34インチのモニター画面

13インチでも作業できはしますが。34インチのモニターを導入してからは作業効率が大きく変わりました。

michael
michael
筆者は左側にリサーチ画面やプレビュー画面を表示し、右側で執筆するのですが左側の画面の広さはかなり重要です。

例えばYouTubeの動画で引用したいものを選ぶ際も画面が大きく見えた方が選びやすいし、長文を読む際も広い画面の方がスムーズです。

必ずしも34インチである必要はないですが、Webライターなら27インチは欲しいかなと思います。


マウス

マウスはBluetoothかつトラックボール付きのマウスがおすすめです。

  • Bluetoothにするメリット:ケーブルが絡まない
  • トラックボールにするメリット:マウスを動かさなくていい、狭い場所でもできる

これだけでも作業効率は大きく変わりますが、筆者はさらに「進む・戻るボタン」つきのロジクールのマウスを買ったのもかなり良かったです。

  • マウスを動かすのが面倒
  • カフェなど狭い場所でも作業したい
  • 進む・戻るまでカーソルを動かすのが面倒

こんな方にはぜひおすすめです!


ロジクールMXERGOレビュー|使用したメリット・デメリット、接続設定、掃除まで解説!「狭い場所でも操作できるマウス欲しい」「マウス一つで色んな操作をしたい」こうお考えの方におすすめしたいのが、ロジクールのMXERGOワイ...

Webライターが文字数を考える際の注意点

Webライターが文字数を増やすのは重要ですが、それだけに固執してはいけません。

以下では文字数に加えて意識すべきポイントを紹介します。

稼ぎよりも記事のクオリティを優先する

初心者ライターにありがちなのが、「稼ぎたいから、文字数増やそう!」という考えです。

これは本人だけが得するもので、無駄に情報を増やされるとそのお金を払う発注者、その記事の読者からすると嫌がられます。

あくまで記事は必要最低限、入れるべき情報があれば足す、無駄な文言は消すのが鉄則

稼ぎたいなら記事のクオリティを上げて、執筆依頼の数を増やす・文字単価を上げた方が稼げます。

文字数よりも文字単価のアップにこだわる

文字数を増やすよりも、文字単価を上げた方がより早く稼げます。

文字数は労働時間に比例する、文字単価は時給に比例するというイメージです。

文字数の増やし方を紹介しましたが1日に書ける文字数は限界があるので、文字単価を上げた方が効率的です。

そのためには執筆ジャンルの情報収集とSEOライティングの情報収集が欠かせません。

他にも具体的な文字単価のアップ方法はWebライターの文字単価の相場【基準・単価アップの方法まで解説】で解説しています。

Webライターの文字単価の相場【基準・単価アップの方法まで解説】どの文字単価の案件に応募すべきか悩んでいる方必見。 Webライターの文字単価の相場や、求められるレベルを解説! 自身のWebライター・採用者の経験から、文字単価を上げるためにやるべきこと、文字単価以外で稼ぐ方法まで徹底解説します。...

まとめ:1日の目安となる文字数を決めよう

今回はWebライターが書くべき1日の文字数を紹介してきました。

書くべき文字数は執筆スピードや作業時間など様々な要因で変わりますが、最初は5,000〜10,000文字を目指すのが良いでしょう。

たとえ、文字単価0.5円でも毎日1万文字書けば15万円稼げます。

執筆スピードを上げるために作業環境にこだわることに加え、スキルを高めながら単価の高い案件に挑戦していきましょう。

Webライターはジャンル選びが9割【失敗すると稼げません】Webライターのジャンル選びについて解説!ジャンル選びは稼げるジャンルか、仕事や趣味関連のジャンルがおすすめです。ジャンルの知識とSEOの知識があれば絶対に稼げます。...
【実体験】ウェブタスライティングコースの評判・口コミ・料金まで徹底レビュー!ウェブタスライティングコースを徹底レビュー!加入して1年以上の筆者が感じたメリット・デメリット・評判などを解説します。怪しいと思う人もいますが60日の返金保証もあるので大丈夫。...
Webライターの文字単価の相場【基準・単価アップの方法まで解説】どの文字単価の案件に応募すべきか悩んでいる方必見。 Webライターの文字単価の相場や、求められるレベルを解説! 自身のWebライター・採用者の経験から、文字単価を上げるためにやるべきこと、文字単価以外で稼ぐ方法まで徹底解説します。...
ABOUT ME
ミカエル
ブログ運営の傍ら、TikTok・YouTubeの動画編集やディレクター業務、複数メディアのディレクション業務を行なっている。 現在、広告のシナリオライティングの修行中。
関連記事