Webライター

Webライターはジャンル選びが9割【失敗すると稼げません】

Webライター始めたものの、ジャンル選びで悩む。自分に合ったジャンル選びのコツが知りたい

こんな疑問にお答えします。

結論ジャンル選びがその後の文字単価の向上、すなわち収益の伸び代を大きく左右するといっても過言ではありません。

michael
michael
今回は文字単価を3円まで上げた筆者が、ジャンル選びを決め方やその後どう行動ステップアップしていくべきかを解説します。
フリーランスなら絶対欲しいもの6つと登録必須サービス2つを紹介!「フリーランスとして活動していく際の必需品は何?」「どんなサービスに登録しておくと便利?」 こうお考えではありませんか? 基...
【ライティング版】クラウドワークス初心者が稼ぐ方法【準備から獲得後まで】クラウドワークスのライティングで、これから稼ぎたいと考えている方向け。 本記事では、ライティング未経験者がこれからライティングを仕...

Webライターのジャンル選びのポイント

結論、Webライターをやる上でおすすめのジャンルは場合によって異なります。

  • 趣味や仕事で長く続けているものがある→そのジャンルに特化
  • 特に詳しいジャンルがない→稼げるジャンルを勉強

上記をそれぞれ解説していきます。

Webライターのジャンル(趣味や仕事で長続きのもの)

長年同じ趣味や仕事を続けている方は、そのジャンルを攻めるのがおすすめです。

その理由は以下の通り。

  • 専門的な内容が盛り込まれた深掘り記事が評価される
  • その業界で有名になれば、単価が跳ね上がる
  • 趣味や仕事で日常的に情報が更新されていく

筆者自身、発注も行うのでわかりますが

専門性は高いが文章は微妙>良い文章を書けるが専門性が浅い

と評価します。

なぜなら、文書は後からでも直せますが、専門性の浅さはどうにもならないからです。

michael
michael
自分の専門性がないから外注しているのであって、頼んだ人も専門性がないなら自分で書いた方が早いです。

筆者の例を挙げるとトレーナー経験があり、筋トレもコンテストに出場するくらいには詳しいので、その分野を攻め続け、今や文字単価3円です。

ただの筋トレ好きの人と競合しても、詳しさの質が違うので、たとえライティングスキルで劣っても勝てる可能性が高いです。

デメリットを挙げるならば、ニッチなジャンルの場合は募集自体が少ないので、収入が不安定になりやすいことです。

そのリスクを避けるためには、いかに継続依頼してもらえるかが鍵となります。

クラウドワークスで継続依頼されるポイント4選【支払いの流れまで解説】「クラウドワークスのライティング案件取れたけど、継続できるかな?」「発注者とのやりとりは何を意識すればいい?」 このようにお考えで...

Webライターのジャンル(稼げるジャンルを攻める)

とりわけ趣味もなく、仕事も転々としているような方は稼げるジャンルを攻めるのがおすすめ。

稼げるジャンルは具体的に挙げると以下の通り。

  • 仮想通貨
  • 金融(FX、株、クレジットカード、ローン、口座開設)
  • 脱毛
  • 転職
  • 不動産(不動産投資、リフォーム、リノベーションなど)
  • 美容(ダイエット、サプリ、エステ)

これらのジャンルはサイト運営者が儲かりやすいジャンルで需要もあるので、ライターにも高い報酬を払いやすいのです。

しかし、単価が高いということは応募者も多いので、ライティングスキルと専門性が求められます。

上記のジャンルの中から、自分が最も興味のあるものや親和性のあるものの学習から始めましょう。

Webライターのジャンルを決めたら学習

学習の手段としてはおすすめなのはYouTubeやブログ、書籍です。

書籍の場合は基礎的な本を5冊ほど読めばある程度ライティングもできます。

「5冊も買うのはちょっと厳しい」という方は、アマゾンの電子書籍のKindle unlimitedがおすすめです。

Kindle unlimitedであれば月980円で200万冊以上の電子書籍が読み放題なので、コストを抑えてインプットできます。

初めての方は30日間の無料体験もあり、いつでも解約できるのでぜひお試しください。

Kindle  Unlimitedの30日間の無料お試しはこちらから

 

【ライター初心者】ライティング・SEO学習のおすすめ本8選|書き方から仕事の取り方まで解説ライターを仕事にするには、ライティングスキルとSEOの知見が欠かせません。ブログやYouTubeにも多くの情報がありますが、分からない時...

ユーザーとしての実体験もするべき

例えば、仮想通貨や脱毛、金融などは学習するよりも自身がユーザーとして体験して分かることも多いです。

「使ってみてレビュー記事」などは、その記事から収益が発生する可能性が高いジャンルでもあるので、リアルな感想は非常に価値のあるものです。

michael
michael
案件獲得後に体験して欲しいと言われることもありますが、応募時点で多くの経験がある人の方が当然受かりやすいです

Webライターがすぐに案件を取るためのコツ

ジャンル選びが正しくても、最初はなかなか案件が取れないものです。

なかなか案件が取れない場合に欠けているのは、おおよそ以下のものです。

  • プロフィールの作り込み
  • 実績
  • SEOライティングスキル
  • 応募ノウハウ

詳しくは以下の記事で言及しているので、こちらもご覧ください。

クラウドワークスのライティング初心者【案件獲得前の5つの備えを解説】「クラウドワークスのライティングで稼ぎたい」「ライティング初心者が案件獲るにはどうすればいいの?」 このようにお考えではありませんか?...

Webライターはジャンル選びで勝敗が決まる

今回はWebライターのジャンル選びのポイントを紹介してきました。

様々なジャンルに挑戦するのも良いですが、文字単価を上げるにはジャンルを絞った方が効率的です。

自身の得意分野を活かすのか、思い切って稼げるジャンルに足を踏み入れるのか見極めましょう。

スキルアップしたいフリーランスがやるべきこと6選【先行投資のスピードが吉】「フリーランススキルアップしたい」「スキルアップの手段はどんなものがある?」 こうお考えではありませんか? 最近はオンライン...
【ライティング版】クラウドワークス初心者が稼ぐ方法【準備から獲得後まで】クラウドワークスのライティングで、これから稼ぎたいと考えている方向け。 本記事では、ライティング未経験者がこれからライティングを仕...
ABOUT ME
ミカエル
大阪在住商社マン。元トレーナーの経験、システム部門所属、フリーランス経験を活かした情報を発信中。 脱サラに向けて活動中。
関連記事