動画編集

【現役編集者レビュー】動画編集スクールのおすすめ5つを徹底比較! 

  • 動画編集スクールを比較して、どのスクールがいいか見極めたい
  • 動画編集スクール受講者目線で、おすすめのスクールを知りたい

こんな疑問に答えます。

本記事のポイント

動画編集スクールを5つ比較して、目的ごとにどれがおすすめか紹介!

自身もスクール出身で、現在は編集業務も行っている経験から各スクールを比較します!

本記事の執筆者

筆者は動画編集スクールのstudio US出身で、現在はyoutubeやTikTokの動画編集の他、ディレクター業務も行なっています。

今回は下記の5つの動画編集スクールに絞って徹底比較していきます。

本記事で比較する動画編集スクール

タップで各スクールの解説部分まで飛べます

無料でYouTubeで学ぶのではダメなのか?

動画編集スクールに入るか迷う方が、必ずと言って良いほど悩むのが「YouTubeのチュートリアルじゃダメなの?」という問題です。

筆者はstudio USというスクール出身ですが、その経験からYouTubeでの独学と動画編集スクールに入る場合を比べると以下のように考えます。

YouTubeで独学するメリット

メリット
  • 無料で学べる
  • 視聴回数を稼ぐために分かりやすく作られている
  • チャンネルが多いので用途に合わせて使い分けられる
  • テンプレートを配布するチャンネルもある
デメリット
  • 運営者のプライベート動画も混ざりチュートリアルが探しにくい
  • 何から学べば良いのかが分かりにくい
  • チャンネル運営者の教材やサロンの宣伝が多い
  • 自分で学ぶべき動画を探す必要がある

動画編集スクールに入るメリット・デメリット

左タイトル
  • 学習の順序が指定されている
  • 実績作りの案件をもらえる場合がある
  • いつでも質問できる環境が手に入る
  • 仲間が作れる場合がある
  • テンプレートがもらえる場合が多い
右タイトル
  • 高額な費用がかかる
  • 動画教材が編集されていない場合がある

無料で学べるという圧倒的なアドバンテージがありつつも、何をどの順番で学ぶのかのロードマップの部分が独学では曖昧になりがちです。

仕事にするための道標があるスクールの方が案件を取り、その後の収入を上げるスピードは早いでしょう。

さらには、こんなメリットも得られます。

  • 質問がいつでもできる環境
  • 実績作りの案件がもらえる可能性アップ
  • 一緒に仕事する仲間ができる期待感

これらの独学にはないメリットはお金を払ってでも得る価値があるのではないでしょうか。

動画編集スクールより無料の独学ではダメ?現役動画編集者が辛口評価! 動画編集者のクリエイティブな仕事や自由な働き方に憧れを覚える方の多くが、いざ学習する際にこんな疑問にぶつかります。 そこで...

動画編集スクールの選び方・比較ポイント

動画編集スクールは一概に「これがおすすめ」と言えるものではなく、個々人の歩みたいキャリアや目的によって異なります。

今回は「〇〇ならこれがおすすめ」という風に比較軸を4つ用意しました。

  • 何を学べるのか?
  • 料金はどうなのか?
  • 通学もできるのか?
  • 転職向きなのか?

また、今回比較する動画編集スクールは以下の5つです。

何を学べるのか?

何を学ぶかによって適したスクールが変わってきます。代表的な動画ソフトというと下記のものが挙げられます。

  • Adobeソフト (アフターエフェクト、プレミアプロ)
  • ファイナルカットプロ(macのみ)
  • DaVinci Resolve
  • Aviutl
  • VYOND

多くの動画編集スクールがAdobeソフトの2つを教えており、筆者も下記の理由からAdobeソフトをおすすめします。

Adobeソフトがおすすめな理由
  • Photoshopなどのプロも使う画像編集ソフトでサムネイルも作れる
  • プレミアプロ+アフターエフェクトだと大抵のものが作れる
  • 募集されている案件でのAdobeソフト使用者限定とするものが多い

詳しくはこちらの記事で解説しています。

動画編集スクールより無料の独学ではダメ?現役動画編集者が辛口評価! 動画編集者のクリエイティブな仕事や自由な働き方に憧れを覚える方の多くが、いざ学習する際にこんな疑問にぶつかります。 そこで...

Adobeの中でもプレミアプロかアフターエフェクトかによっても異なります。それぞれを比較すると以下の通り。

プレミアプロの特徴
  • 映像の切り貼りが得意
  • 長尺の編集が得意
  • トランジションや色調補正など最後の仕上げが得意
  • CGやアニメーションなど複雑な編集はできない
アフターエフェクトの特徴
  • 複雑な編集が得意
  • トランジションや色調補正などはやりづらい
  • 映像の切り貼りはやりにくい
  • 長尺な編集は向かない

あくしょんプラネットさんが簡単に解説している動画もあるので参照ください。

自分がどちらに向いているかどうか判断するには作りたい映像や、習得難易度などで選びましょう。

プレミアプロ向きアフターエフェクト向き
作りたい映像Vlog、エンタメ動画などYouTuber系の動画CG、アニメーションなど映画やアニメにも通ずる動画
難易度簡単難しい

どちらを学ぶか決めたら、あとは撮影やマーケティングなども学ぶかどうかで下記のように選ぶのがおすすめ。

学べるもの

これでもプレミアプロとアフターエフェクトで迷う方はこちらの記事で、各ソフトを詳しく解説するYouTuberを紹介しているので参考にどうぞ。

料金はどうなのか?

studio USMoviehacksデジタルハリウッドSTUDIO by LIGヒューマンアカデミーシーライクス
料金(税込)
  • 動画編集コース:55,000円
  • 動画クリエイターコース:99,000円
  • 動画クリエイター総合コース:165,000円
69,800円330,000円
  • 動画クリエイターコース:213,400円
  • 動画クリエイター総合コース:342,100円
  • Web動画クリエイター総合コース:821,700円
  • 1ヶ月:14,800円
  • 6ヶ月:93,280円
  • 12ヶ月:162,800円
入会金なしなしなし11,000円162,800円
期間継続会費は下記の通り

  • 動画クリエイターコース:月々13,200円
  • 動画クリエイター総合コース:16,500円

いずれも+55,000円で買い切りとなる

無制限3ヶ月
  • 動画クリエイターコース・動画クリエイター総合コース:6ヶ月
  • Web動画クリエイター総合コース:12ヶ月
1〜12ヶ月

料金を見るとMoviehacksやstudio USが安いです。

studio USに至っては最も高い「動画クリエイター総合コース」を買い切りで買っても、ヒューマン動画クリエイターコースの最も安い「動画クリエイターコース」と同額です。

ただし学べる量の多さを考慮すると、撮影やマーケティングなど幅広いデジタルハリウッドSTUDIO by LIGもコスパ抜群です。

一方、ヒューマンアカデミーやシーライクスは学習範囲の割に学習期間が長く、料金も高いです。

いずれも通学が可能なため、教室代で値段が高いのかもしれません。

michael
michael
ただ個人的には6〜12ヶ月も学ぶほどではないし、モチベーションが続くのも怪しいと感じました

料金で選ぶ場合の筆者の結論は、Moviehacksやstudio US、デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの3つ中から学ぶ技術によって選べば良いと判断しました。

学べるもの

通学もできるのか?

完全オンラインのスクールと通学可能のスクールとで分けました。

オンライン
  • Moviehacks
  • studio US
通学可能
  • デジハリSTUDIO by LIG
  • ヒューマンアカデミー
  • シーライクス

ちなみに通学可能の3スクールの場所は以下の通り。

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG
  • 上野校(東京)
  • 池袋校(東京)
  • 北千住校(東京)
  • 大宮校(埼玉)
  • 川崎校(神奈川)
ヒューマンアカデミー
  • 札幌校(北海道)
  • 仙台校(宮城)
  • 柏校(千葉)
  • 千葉校
  • 大宮校(埼玉)
  • 新宿校(東京)
  • 銀座校(東京)
  • 横浜校(神奈川)
  • 静岡校
  • 浜松校(静岡)
  • 名古屋校(愛知)
  • 京都校
  • 大阪梅田校
  • 大阪心斎橋校
  • 天王寺校(大阪)
  • 三宮校(兵庫)
  • 岡山校
  • 広島校
  • 高松校(香川)
  • 福岡校
  • 熊本校
  • 鹿児島校
  • 那覇校(沖縄)
シーライクス
  • 青山校(東京)
  • 銀座校(東京)
  • 名古屋校(愛知)
  • 梅田校(大阪)

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGは関東、シーライクスは関東・中部・関西、ヒューマンアカデミーは全国です。

通学かオンラインかで選ぶ場合

転職向きかフリーランス独立向きか?

転職に向いているのか、フリーランス独立に向いているのか比較すると以下の通り。

フリーランス向き
  • Moviehacks
  • studio US
  • デジハリSTUDIO by LIG
就職・転職向き
  • ヒューマンアカデミー
  • デジハリSTUDIO by LIG

フリーランス向きの3つは転職のサポートはありませんが、案件の紹介がありフリーランスを目指す際にスムーズに踏み出せるのが魅力。

一方、ヒューマンアカデミー求人紹介・履歴書添削・面接対策など非常にサポートが充実しています。

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGはフリーランス向けの案件紹介も多いですが、就職・転職のサポートもあるので、どちらの道に進む場合もおすすめです。

動画編集スクールのおすすめ選

 

studio USMoviehacksデジタルハリウッドSTUDIO by LIGヒューマンアカデミー動画クリエイター講座シーライクス
料金55,000〜165,000円69,800円330,000円224,400〜832,700円16,280〜162,800円
期間2ヶ月なし3ヶ月6〜12ヶ月1〜12ヶ月
就活サポートなしなしありありあり
特徴動画制作数が多いYouTube編集向きの安価な教材通学も可能。撮影やマーケティングも深く学べる広告やデザインも学べる、就職サポートが手厚いVlog、広告、YouTubeなど様々な媒体に応じた編集を学ぶ

studio US

studio USは未経験者向けの完全オンライン動画編集スクールです。

筆者も当スクールに入っているのですが、感じているメリット・デメリットは以下の通り。

メリット
  • とにかく作れる動画が多い
  • 質問へのレスが異常に早い
  • 実績作りの案件が豊富にもらえる
デメリット
  • 動画は無編集で出されている
  • 学べるスキルで内容の薄いものがある

下記で講座の一部を動画で見られます。

また、疑問点は細かく説明会で聞けるので、後悔しないよう気になる点は事前に聞いておきましょう。

また、コースは下記の3つに分かれています。

動画編集コース動画クリエイターコース動画クリエイター総合コース
料金(税込)55,000円99,000円165,000円
学習内容
  • プレミアプロ
  • アフターエフェクト
  • 映像編集
  • プレミアプロ
  • アフターエフェクト
  • シネマ4D
  • ディレクション
  • 映像編集
  • セールス
  • プレミアプロ
  • アフターエフェクト
  • シネマ4D
  • ディレクション
  • 映像編集
  • 画像加工
  • リテラシー
  • セールス

筆者は総合コースを選びましたが、総合コースにしかない「リテラシー」はかなりボリューミーで役に立つ分野もありました。

そのため基本は動画編集コースか、総合コースのいずれかを選ぶのがおすすめ。

こんな人におすすめ
  • 価格を抑えて動画編集を学びたい人
  • 実績作りの案件をもらいたい人
  • 無編集の教材でも構わない人

実際に受講して感じたレビュー記事も紹介しているのでこちらもどうぞ。

studio US受講生の僕が評判・口コミ・デメリットまで教えますstudio usを入会を検討中の方必見。本記事では受講生の筆者だからこそ分かる評判・口コミを徹底解剖します。studio usは作る動画の数が非常に多く、アフターエフェクトの力はかなり身に付きます。他にも入会に役立つ情報を書いてるので、ぜひご覧ください。...
\ポートフォリオや実績を充実させたい方向け /

最大50本もの動画を作れる 卒業後は案件をたくさんもらえる

Movie hacks

MoviehacksはYouTuberの生ハム帝国として知られる福島さんが、講師を務める動画編集講座です。

メリット・デメリットを挙げると以下の通り。

メリット
  • 69,800円と非常に安い
  • Twitterの口コミが多くて評判もいい
  • お仕事案内所で仕事紹介もあり
デメリット
  • あくまでYouTube編集に特化している
  • Adobeソフトは自分で購入する必要がある

価格の安さとTwitterでの評判の良さから非常に人気のスクールで、「いち早くコスパ良く稼ぐ」なら間違いなくおすすめです。

ただyoutube編集に特化した講座なので、アフターエフェクトの凝った演出などのスキルは身につかないでしょう。

しかし、それでもYouTubeの幅広い案件で活躍でき、卒業生はディレクターなど稼いでいる方が大勢いるので受講生のやりようによってはいくらでも登れます。

MovieHacksの口コミ・評判|あおのスクール関連・案件の実態まで解説! こんな疑問に答えます。 本記事の執筆者 ブログ運営やWebライターをしながら、動画編集スクールにも加入しまし...
\ 業界最安値でコスパ最強 /

卒業生限定で案件をもらえるお仕事案内所へ招待 質問は無制限・無期限で対応

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGはWeb制作やWeb開発など様々な事業を手掛けるLIGとクリエイティブ系の専門学校のデジタルハリウッドが業務提携し運営されるWebクリエイタースクールです。

メリット・デメリットを挙げると以下の通り。

メリット
  • 他のスクールには撮影やマーケティング、シナリオライティングなども手厚く学べる
  • オンラインも通学も自由に選べる
  • 卒業後にもらえる案件の幅が広い
デメリット
  • 料金は安くはない
  • 通学したい場合は関東圏以外の人は厳しい

通常の動画編集スクールではソフトの基礎操作・複数の動画制作といった内容が中心ですが、当スクールは企画や撮影なども深く学べるのが強み

一人でこなせる仕事の幅が格段に広がるので、他のスクールよりもハイレベルな編集者への成長が期待できます。

案件のバリエーションが広い

さらにもらえる案件のバリエーションが非常に幅広いのが強みです。

通常、スクールが受注している仕事を紹介される場合が多い中、当スクールは上記のように3種類の案件をもらえます。

michael
michael
たとえ受講生が多くても、他のスクールより仕事をもらえる機会は多そうです。

価格は安くないですが、3ヶ月間でボリューミーな学び卒業後の充実した案件提供があることを考慮するとコスパは優れていると言えますね。

\ 卒業後の案件紹介多数 /

LIG運営のYouTubeやその他案件をもらえる
卒業後も勉強会など縦と横のつながりが充実

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座は、資格取得や就職・転職を目指す方向けの総合専門校です。

コースは全部で3種類に分かれています。

動画クリエイターコース動画クリエイター総合コースWeb動画クリエイターコース
料金213,400円342,100円821,700円
入会金11,000円 11,000円 11,000円
分割料金(24回払い)月々9,000円月々14,700円月々35,400円
学習期間6ヶ月6ヶ月12ヶ月
学習内容
  • プレミアプロ
  • アフターエフェクト
  • Web動画広告
  • ポートフォリオ制作
  • ITビジネスエッセンシャルガイド講座
  • 制作実践講座
  • プレミアプロ
  • アフターエフェクト
  • Web動画広告
  • ポートフォリオ制作
  • ITビジネスエッセンシャルガイド講座
  • 制作実践講座
  • Photoshop
  • Illustrator
  • デザイン基礎
  • Webリテラシー
  • プレミアプロ
  • アフターエフェクト
  • Web動画広告
  • ポートフォリオ制作
  • ITビジネスエッセンシャルガイド講座
  • 制作実践講座
  • Photoshop
  • Illustrator
  • デザイン基礎
  • Webリテラシー
  • Webサイト制作基礎
  • HTML/CSS
  • レスポンシブWebデザイン
  • WordPress
  • JavaScript
  • XD
  • UIデザイン
  • 動画撮影

上記3つの違いを簡単にまとめると下記のとおり。

プランの違い
  • 動画クリエイターコース:基礎を学びポートフォリオが作れるようにする
  • 動画クリエイター総合コース:基礎的な動画編集スキル+デザイン力を身につける
  • Web動画クリエイター総合コース:動画編集+デザイン+プログラミング全てができるプロフェッショナルを目指す

筆者はずばり動画クリエイター総合コースをおすすめします。その理由は以下の通り。

  • サムネイルや個々の演出での配色やレイアウトはデザインを学ばないと身につかない
  • プログラミングをできなくても動画編集はできる
  • 起業してアプリ開発やHP制作をやるにしても外注か専門の人材を雇えばいい

元々専門学校ということもあり、求人紹介や履歴書添削、面接対策など転職サポートは非常に手厚いです。

さらに全国23校で受講でき、地方在住で通学したい方にはうってつけ。

\ 無料で就職・転職支援もあり /

通学とオンラインを自由に組み合わせられる デザインや広告も学べる

【卒業生が語る】ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座の評判・口コミを徹底解説!専門学校として知名度の高いヒューマンアカデミー。膨大の講座の中には動画編集に関する講座もあり、スクール選びの中で候補の一つに入っている方...

シーライクス

シーライクスはミレニアル世代の女性向けのキャリア支援サービスです。

働き盛りの女性たちの妊娠や出産など将来の不安をもつ方へ、「自分にしかない価値を発揮できる人生を送ってほしい」というコンセプトで運営されています。

料金プランは下記の通り。

動画編集コースではプレミアプロを使って、VlogやWeb広告動画、YouTubeなど幅広い媒体に応じた動画編集を学びます。

青山、銀座、名古屋、梅田の4校が展開され、いずれもおしゃれな校舎が好評です。

もくもく会や特別イベントなどオンラインでも参加できますが、仲間作りをしたい方はできれば教室に行きたいですね。

\ Vlogや広告動画も作れるようになる /

月に一回のコーチングで挫折しない環境づくり。
おしゃれな環境で切磋琢磨できる仲間に出会える

気になったスクールは無料体験で確かめよう

今回は5つの動画編集スクールを徹底比較し、目的ごとにどれがおすすめなのかを解説してきました。本記事の結論は以下の通り。

本記事のまとめ
  • Moviehacks:youtube編集特化でコスパ良く最短で稼げる
  • studio US:制作できる動画が多い、案件紹介あり、コスパ抜群
  • デジハリSTUDIO by LIG:撮影やマーケティングなど学習範囲が広い、もらえる案件も豊富
  • ヒューマンアカデミー:デザイン・プログラミングも学べる。転職サポートが非常に手厚い
  • シーライクス:女性限定でおしゃれな教室で仲間作りやコーチングができる

ぜひ、本記事を参考にしつつ気になったスクールを無料体験してみて自分に合うか確かめましょう。

動画編集スクールより無料の独学ではダメ?現役動画編集者が辛口評価! 動画編集者のクリエイティブな仕事や自由な働き方に憧れを覚える方の多くが、いざ学習する際にこんな疑問にぶつかります。 そこで...
studio US受講生の僕が評判・口コミ・デメリットまで教えますstudio usを入会を検討中の方必見。本記事では受講生の筆者だからこそ分かる評判・口コミを徹底解剖します。studio usは作る動画の数が非常に多く、アフターエフェクトの力はかなり身に付きます。他にも入会に役立つ情報を書いてるので、ぜひご覧ください。...
MovieHacksの口コミ・評判|あおのスクール関連・案件の実態まで解説! こんな疑問に答えます。 本記事の執筆者 ブログ運営やWebライターをしながら、動画編集スクールにも加入しまし...
ABOUT ME
ミカエル
ブログ運営の傍ら、TikTok・YouTubeの動画編集やディレクター業務、複数メディアのディレクション業務を行なっている。 現在、広告のシナリオライティングの修行中。
関連記事