Webライター

【実体験】ウェブタスライティングコースの評判・口コミ・料金まで徹底レビュー!

Webライターを続けながらも、なかなか稼げず、もどかしさを感じている時に出会ったのがウェブタスライティングコースです。

michael
michael
入会当初は文字単価0.5円ほどでしたが、一年足らずで文字単価3円まで成長できました

そんなわけでウェブタスライターである筆者が、ウェブタスライティングコースを徹底レビューしていきます。

本記事のポイント

ウェブタスライティングコースの評判や実際に使ってみたメリット・デメリットを解説!

ウェブタスライティングコースは全ての記事の添削を受けることで、最短で稼げるライターになることを目指すスクールです。

実際にウェブタスに加入して一年以上経つ筆者が、ウェブタスを使ってみたレビューなど入会しないと分からない情報まで徹底紹介します。

他のライティングスクールと迷っている方はぜひ参考にしてください!

ウェブタスの最大の強みは全記事丁寧な添削を受けられることです。

michael
michael
本記事ではウェブタスが気になっている人に必要な情報を全て盛り込んだので、ぜひ参考にどうぞ!
\ 全記事をプロが添削 /

60日間返金保証付き
 期間無制限サポート

タップできる目次
  1. ウェブタスライティングコースの特徴
    1. SEOやライティングなどの基礎がパッケージで学べる
    2. 全ての記事の添削が受けられる
    3. 20記事以降からは報酬がもらえる
    4. 毎月ブログのコンサルが受けられる
    5. 自分が書いた記事のPV数や順位が見られる
  2. ライティングコースに加入して分かったメリット・デメリット
    1. メリット①毎回のフィードバックによる基礎の習得
    2. メリット②実績が作れて仕事を取れるようになった
    3. メリット③毎月のコンサルがタメになる
    4. メリット④受講生同士で案件の受発注ができる
    5. メリット⑤毎月の良記事コレクションがある
    6. デメリット①金額はかなり高い
    7. デメリット②報酬がもらえる案件が常にあるわけではない
    8. デメリット③単価が上がるまでが遅すぎる
    9. デメリット③セミナーはダラダラ気味
  3. ウェブタスライティングコースの良い評判・悪い評判
    1. 良い評判
    2. 悪い評判
  4. ウェブタスと他のWebライター講座を比較してみた
  5. ウェブタスライティングコースの気になる報酬
  6. ウェブタスライティングコースに参加するまでの流れ
  7. ウェブタスライティングコースはどんな人におすすめか?
  8. ウェブタスライティングコースによくある質問
    1. なんとなく怪しいけど大丈夫?
    2. 返金保証はあるの?
    3. どんな人が参加している?
    4. ブログのアドバイスはある?
    5. 未経験でも大丈夫?
  9. 成長を最優先すれば十分元は取れる

ウェブタスライティングコースの特徴

ウェブタスライティングコースの特徴は以下のとおり。

  • SEOやライティングなどの基礎がパッケージで学べる
  • 全ての記事の添削が受けられる
  • 20記事以降からは報酬がもらえる
  • 毎月ブログのコンサルが受けられる
  • 自分が書いた記事のPV数や順位が見られる

SEOやライティングなどの基礎がパッケージで学べる

ライティング未経験者向けに月10万円を目指すためのパッケージコンテンツが用意されています。

ボリュームは多いですが、コンテンツのほとんどが5分以内の動画なのでサクサクと読み進められます。

michael
michael
体系的なSEOの知識や記事の書き方、案件獲得のポイントまで幅広く網羅されています。音声のみでも学べるので、移動中の活用にもおすすめ

全ての記事の添削が受けられる

ウェブタス最大の強みは全ての記事の添削を永続的に受けられることです。

他のスクールでも記事添削はあるものの、回数が決まっていたり、期間が決まっていたりする場合が多いです。

ウェブタスでは永続的に受けられる上にSEOの知識だけでなく、助詞の使い方など細かな添削もあるので正しい日本語とSEOライティングが最短で身に付きます。

michael
michael
他のライターの記事を見る機会も多いですが、「てにをは」など正しい日本語ができる人は少なく差別化が図れます。

20記事以降からは報酬がもらえる

最初の20記事までは研修記事、それ以降の21記事目からは報酬が発生します。

執筆記事数文字単価記事単価
1〜10記事(10記事)0.4円800円
11〜50記事(40記事)0.6円1,200円
51〜100記事(50記事)0.8円1,600円
101〜200記事(100記事)1.0円2,000円
201記事〜1.5円3,000円

最初は低めの文字単価ですが、書けば書くほどスキルを身につけながら報酬も上がっていく仕組みです。

michael
michael
自分で案件をなかなか取れない方はスキルアップしながら報酬源にもなるのでおすすめ

毎月ブログのコンサルが受けられる

加入すると、永続的に毎月1回60分のブログコンサルが受けられます。

ブログを始めたものの伸び悩んでいる人や、ブログを始めたいと思っている人向けです。

michael
michael
筆者はウェブタスでのライティング案件は卒業しましたが、このコンサルは今でも活用するくらい有用です。

自分が書いた記事のPV数や順位が見られる

ウェブタスでは執筆した記事のPV数や検索順位も見られます。

自分の記事がどれくらい見られているのか把握するのは重要です

その中でどの記事が人気だったのか、順位が高かったのかと数値で分かるので成長度合いも分かる上に、上位であれば実績としても使えるのが嬉しいです。

\ 全記事をプロが添削 /

60日間返金保証付き
 期間無制限サポート

ライティングコースに加入して分かったメリット・デメリット

続いてウェブタスライティングコースに加入して分かったメリット・デメリットを紹介します。

メリット①毎回のフィードバックによる基礎の習得

ウェブタスでは記事が公開されるまで以下のような流れになっています。

  1. 記事の下書きを終えて提出
  2. 添削者が確認し、不備があればフィードバック付きで差し戻し
  3. フィードバックを基に修正し提出
  4. 添削者の合格が出る
  5. 公開

そもそも下書きの時点で、見出しにKWを〇〇個入れる、段落が何文字以内などルールがあり、これら全てを満たさないと提出できません。

さらにフィードバックでは、記事全体の流れから、リード文の書き方、装飾など細かいアドバイスが根拠付きでもらえます。

michael
michael
嫌になるぐらいフィードバックがきますが、執筆するごとに論理的なライティングが身につきました。

メリット②実績が作れて仕事を取れるようになった

ウェブタスで執筆した記事は全てウェブタスが運営するメディアで公開されるので、それら全てが実績となります。

金融や映画、格安SIMなど様々なジャンルの記事を書く経験ができ、それらをクラウドワークスなどで応募する際に実績として使えるのです。

michael
michael
筆者はウェブタスに入るまで文字単価0.5円くらいの案件しか取れませんでしたが、加入後は0.8→1.0→1.5→2.0円とスムーズに上がっていきました
【発注者目線】クラウドワークスで採用されない方へ具体例やコツまで解説!「クラウドワークスのライティング案件では応募時に何をすると、採用されやすくなる?」「ライティング案件はどう応募したらいいの?」 こ...

メリット③毎月のコンサルがタメになる

ライティングコースに加入すると、毎月1回60分のコンサルが永久的に受けられます。

コンサルはブログを運営している方向けですが、ブログを作ろうか検討している方も受けられます。

筆者は合計10回ほど受けていますが、受講者の悩みに寄り添って、目標に達するまでにどう行動すべきかを示してくれます。

特にブログの名前づけ、KW選定、レビュー記事のアドバイスなどを一緒にやってもらったのが印象的です。

michael
michael
ブログの方向性でなかなか答えが見えないという時に相談してみると、明確な答えをくれるので助かってます

メリット④受講生同士で案件の受発注ができる

ウェブタスが運営しているメディアだけでなく、受講生が関わっているメディアで記事の発注がされています。

筆者がウェブタスに参加した時は文字単価0.5円くらいでしたが、その時でも1.5円の案件をもらえたのでありがたかったです。

メリット⑤毎月の良記事コレクションがある

ウェブタスでは毎月良記事コレクションが発表されています。

全メディアの中から毎月7記事ほど選定されるのですが、なぜその記事が優れているのか根拠付きでラインナップされているので自身の成長が実感できます。

michael
michael
筆者は3回ほど選ばれたことがありますが、全校集会で表彰されるような感覚で非常に嬉しかったですね
\ 全記事をプロが添削 /

60日間返金保証付き
 期間無制限サポート

デメリット①金額はかなり高い

正直、金額は385,000円なのでかなり高いと思います。

最近ではライターやブロガー向けの月額制のオンラインサロンなどもあるので、コストを抑えたいならその方が良いでしょう。

ですが、それらの安いサービスの中で全部の記事をフィードバックしてくれるというものはほとんどありません。

michael
michael
書き方の癖や悩みを最短で解決するにはウェブタスの方が適していると思います。実際、筆者は加入後半年経たずして、文字単価を2円にまで上げました。

資金面で厳しいならWriting Hacksがおすすめ

「ぶっちゃけ、なかなかウェブタスのような高額な費用は払えない」という方はWriting Hacksがおすすめです。

Writing Hacks買い切りで69,800円と安価ながら、下記のメリットをもっています。

  • 月収100万円以上を3年以上稼ぐ講師がいる
  • メイン講師の教え子も稼げるディレクターとなり講師を務める
  • LINE@での無制限の質問ができる
  • 質がよければ講師の会社から高単価案件がもらえる

添削回数が3回、コンサルがない点はウェブタスに劣るものの、それ以外の面では個人的にWriting Hacksでも十分に稼げるWebライターになれるでしょう。

気になった方はこちらの記事で紹介しているので、ぜひご覧ください。

Writing Hacksの評判・口コミ|記事添削や料金と徹底比較! こんな疑問に答えます。 本記事の信頼性 また、Webライタースクール出身なので、その経験...

デメリット②報酬がもらえる案件が常にあるわけではない

ウェブタスでは最初の20記事は研修記事で、それ以降の記事は報酬がもらえるのが強みです。

実際、筆者は50記事ほど書いて報酬をもらっていました。各メディアでKWを取得することで案件獲得となる仕組みですが、これは先着順です。

そのため、時期によっては書きたいKWがなく、案件を取れないということも少なくありません。

michael
michael
ウェブタスの運営メディアも収益性を意識しており、収益の上がりにくいメディアはそもそも案件が止まっていることも

デメリット③単価が上がるまでが遅すぎる

ウェブタスで受けられる案件は最初の20記事は研修記事、それ以降の記事は下記のように報酬がもらえる仕組みです。

執筆記事数文字単価記事単価
1〜10記事(10記事)0.4円800円
11〜50記事(40記事)0.6円1,200円
51〜100記事(50記事)0.8円1,600円
101〜200記事(100記事)1.0円2,000円
201記事〜1.5円3,000円

「200記事書けば1.5円確定って最高!」と思う方もいるでしょうが、正直10記事くらい書けば、クラウドソーシングなどで高単価案件は取れます。

michael
michael
筆者は30記事目あたりで、クラウドワークスで十分案件を取れていました。初心者はウェブタスで案件を取り、実力がついたらクラウドソーシングに行くのがおすすめ

初めての案件獲得がよく分からない方は下記の記事を参考してください。

クラウドワークスのライティング初心者【案件獲得前の5つの備えを解説】「クラウドワークスのライティングで稼ぎたい」「ライティング初心者が案件獲るにはどうすればいいの?」 このようにお考えではありませんか?...

デメリット③セミナーはダラダラ気味

ウェブタスでは月に一回、「ウェビナー」と呼ばれるオンラインセミナーが開催されています。

アーカイブも全て残っており、筆者も見たことがあるのですが、正直1時間ほどあるので長いです。

さらに受講者に考えさせる時間なども度々あるので、正直ダラダラしてるなというのが正直な感想です。

michael
michael
YouTubeやブログでより端的に語られているのコンテンツもあるので、筆者はそちらの方が見やすいなと感じました。

ウェブタスライティングコースの良い評判・悪い評判

ウェブタスライティングコースの評判を紹介します。

良い評判

悪い評判

とにかく添削が丁寧なのが強みなので、その賞賛の声が多かったです。

ですが価格の高さは側から見ると怪しく見えるもので、その点の指摘が多かったです。

筆者も支払いはかなり苦労しましたが、その分いち早く成長もできたので、結果的には良かったかなと思っています。

\ 全記事をプロが添削 /

60日間返金保証付き
 期間無制限サポート

ウェブタスと他のWebライター講座を比較してみた

続いて、ウェブタスライティングコースと他のWebライター講座を比較してみました。

ウェブタスWriting HacksシーライクスYOSCAUdemy
料金(税込)385,000円69,800円
  • 1ヶ月:16,280円
  • 6ヶ月:93,280円
  • 12ヶ月:162,800円
  • セルフコース:49,800円
  • スタンダードコース:99,800円
  • マンツーマンコース:299,800円
セール時で約1,500〜2,000円
入会金なしなし162,800円なしなし
受講期間期限なし期限なし1〜12ヶ月期限なし期限なし
学習形式動画・ウェビナー動画動画動画・zoomでの対面指導動画
質問チャットや毎月のコンサルで可能LINE@Slack・教室でも直で聞けるセルフコース以外はzoomで直接可能掲示板で可能

この中でウェブタスは価格は高いですが、学習コンテンツが多く、添削回数も多いのが特徴。

講座ごとの添削の回数

※Udemyはなし

とはいえ、添削はWebライターのオンラインサロンでもできる場合があり、コスパを抑えるなら必ずしも添削が多いスクールを選ぶ必要はないしょう。

それを踏まえると、添削をそこそこ受けつつコスパを抑えられるWriting HacksYOSCAの方がおすすめです。

学習内容・料金・学習形式・添削回数・案件紹介の5つの要素で上記5つの講座を比較しているので、後悔しないよう下記の記事を読んで決めましょう。

【現役ディレクター解説】おすすめのWebライター講座5選を徹底比較! こんな疑問に答えます。 本記事の信頼性 筆者自身は今回紹介する講座の一つ、ウェブタスの卒業生です。 ま...
Writing Hacksの評判・口コミ|記事添削や料金と徹底比較! こんな疑問に答えます。 本記事の信頼性 また、Webライタースクール出身なので、その経験...
【卒業生が語る】シーライクスWebライターコースの評判・口コミを徹底解剖! こんな疑問に答えます。 本記事の信頼性 実際にWEBライターコースを受講した方にもお話を伺ったので、...

ウェブタスライティングコースの気になる報酬

ウェブタスライティングコースでは、研修記事を終えた21記事目から報酬が発生します。

執筆記事数文字単価記事単価
1〜10記事(10記事)0.4円800円
11〜50記事(40記事)0.6円1,200円
51〜100記事(50記事)0.8円1,600円
101〜200記事(100記事)1.0円2,000円
201記事〜1.5円3,000円

書けば書くほど文字単価が自動的に上がっていき、添削を受けながら報酬も上がっていくというのが強みです。

また、優れた記事を書いた方は飛び級とも言える特別単価が与えられる場合もあります。

毎記事指導を受けながら、安定的に報酬をもらえるのでライター初心者でなかなか案件を取れないという方には非常に適した制度です。

\ 全記事をプロが添削 /

60日間返金保証付き
 期間無制限サポート

ウェブタスライティングコースに参加するまでの流れ

ウェブタスライティングコースに参加する流れは下記の通り。

  1. 申し込み
  2. 支払い
  3. スタート

筆者は無料相談で不安な点を十分に聞いてから入会を決断しました。

分割払いの制度などは非常に細かくなっているので、まずは無料相談から始めると失敗のリスクも下げられます。

\ 全記事をプロが添削 /

60日間返金保証付き
 期間無制限サポート

ウェブタスライティングコースはどんな人におすすめか?

ウェブタスライティングコースのHPでは以下の方はおすすめしないと記載されています。

  • アドバイスを素直に受け入れられない方
  • 参加するだけで成功すると思っている方
  • 未成年の方
  • ネットワークビジネス等の勧誘目的の方
  • 最低限のネットの知識がない方
  • すでにライターとして月間10万以上稼いでいる方

出典:https://webtasu.com/school/course/writing/

筆者は実際に参加した中で、確かに上記に当てはまる方には向かないと思います。

一方で以下のような方に向いていると思います。

ウェブタスがおすすめな人
  • SEOライティングを体系的に身につけたい人
  • ライティングの知識がないけど、ライターとして稼いでいきたい人
  • ライターをしているけど、全然案件が取れない人
  • ブログを本格運用したいけど、方針で迷っている人
  • 定期的にブログのコンサルを受けたい人

筆者は特にSEOの基礎が身についたことで、低単価の案件から抜け出せたことが最大のメリットだと感じています。

michael
michael
最近では自分で案件が取れるので記事は書いてませんが、ブログのコンサルは毎月活用しています。
\ 全記事をプロが添削 /

60日間返金保証付き
 期間無制限サポート

ウェブタスライティングコースによくある質問

最後にウェブタスライティングコースに関するよくある質問をまとめました。

なんとなく怪しいけど大丈夫?

筆者も怪しいなと思いながら、入会したうちの一人です。

しかし、入会すれば講師の方々の丁寧な指導や充実したコンテンツがあるので、その怪しさはすぐに吹っ飛びました。

どうしても合わなければ、返金制度もあるので心配はいりません。

返金保証はあるの?

60日間の全額返金保証制度があります。「怪しいけど大丈夫かな?」と筆者も最初は感じていましたが、この返金制度があることで入会に踏み切りました。

どんな人が参加している?

全国の方が参加しており、年齢層も20代から50代と幅広いです。

副業として参加する方や、将来的にフリーランス独立を目指す方が多いです。

ブログのアドバイスはある?

毎月1回60分間のブログコンサルが受けられます。

これから始めたい人でも受けられ、どんな方向性で運営していくか、どんな名前にするかなど細かく相談に乗ってくれるので安心して始められます。

michael
michael
永久的に受けられるので、筆者は困った時に何度も活用しています。

未経験でも大丈夫?

基本的にライティング未経験者向けのスクールです。未経験者向けの音声コンテンツや、各記事の丁寧な添削が行われています。

むしろ、経験者からすると物足りなく感じるくらい初心者に寄り添ったスクールだと思います。

\ 全記事をプロが添削 /

60日間返金保証付き
 期間無制限サポート

成長を最優先すれば十分元は取れる

今回はウェブタスライティングコースに加入している筆者が徹底的にレビューしてきました。

ライティングスクールとしては優れていると思いますし、実際に筆者はウェブタスを経て、現在は文字単価3円まで成り上がりました。

参加への最大の障壁は価格面ですが、その成長効率の高さからすぐに回収できます。

文字単価3円とした場合、1ヶ月で10万文字で30万円となるので1ヶ月半かからず回収できます。

いち早くWebライターとして成り上がるなら、最低限の投資として加入してみるのもおすすめ。

ぜひ本記事でウェブタスに興味を持った方は、公式HPから資料請求してみてください。

\ 全記事をプロが添削 /

60日間返金保証付き
 期間無制限サポート

【現役ディレクター解説】おすすめのWebライター講座5選を徹底比較! こんな疑問に答えます。 本記事の信頼性 筆者自身は今回紹介する講座の一つ、ウェブタスの卒業生です。 ま...
Writing Hacksの評判・口コミ|記事添削や料金と徹底比較! こんな疑問に答えます。 本記事の信頼性 また、Webライタースクール出身なので、その経験...
【卒業生が語る】シーライクスWebライターコースの評判・口コミを徹底解剖! こんな疑問に答えます。 本記事の信頼性 実際にWEBライターコースを受講した方にもお話を伺ったので、...
Webライターの勉強方法まとめ【必要スキルや上達のコツも紹介】 こんな疑問にお答えします。 本記事の信憑性 筆者はWebライターを3年ほどやってきて、文字単価3円まで達しま...
【書評】マクサン本は独自ノウハウ満載のブロガーの必読書【購入特典つき】しばらくサボっていたブログを本格運用し始め、インプットもしまくっていた筆者。 YouTube・ブログを中心にブログ運営を学んでいた...
ABOUT ME
ミカエル
ブログ運営の傍ら、TikTok・YouTubeの動画編集やディレクター業務、複数メディアのディレクション業務を行なっている。 現在、広告のシナリオライティングの修行中。
関連記事