Webライター

Webライターに向いてない人の特徴7選【解決策も教えます】

Webライター始めたものの、なんか自分は向いてない気がする

こんな疑問にお答えします。

本記事のポイント

Webライターに向いてない人の特徴を7つ解説!

向いてない人がどうすべきか、どうしても向かない場合にやるべきことまで解説します。

本記事の信憑性

筆者はWebライターとして、現在文字単価3円で仕事を請け負いつつ、ブログ運営をしています。

実際に自分がこれまで打ち込んできた経験や、発注者として多くのWebライターを見てきた経験から語ります。

Webライターに向いてない人の特徴

Webライターに向いてない人の特徴として、以下の7つが挙げられます。

  • 文章が苦手
  • 調べる力がない
  • 長時間集中できない
  • 読者目線に立てない
  • 記事は自己表現の場だと考えている
  • 黙々と一人で向き合うことが苦手
  • クライアントの意図が汲み取れない

文章が苦手

そもそも文章を書くのが仕事なので、それが苦手となると向いてないです。

何記事か書いてみて、明らかに苦痛を感じるならば異業種に行くのが良いでしょう。

michael
michael
徐々に慣れてきてる実感があれば、うまく書けるよう学習していけば十分です。

調べる力がない

Webライターの仕事のメインとも言えるのがリサーチです。

徹底的に調べて、他の記事にはないオリジナルな価値を読者に提供するのが理想です。

浅いリサーチしかせず、他の記事の下位互換のような記事を書いていても何の価値もありません。

長時間集中できない

机に座って長時間集中できない方は、Webライターとして稼いでいくにはかなり厳しいと思います。

michael
michael
単に執筆ジャンルが得意分野でない場合はまだしも、どんなジャンルでも集中できない場合は異業種への転職をおすすめします。

読者目線に立てない

記事は発注者に向けて書くものではなく、

検索してその記事に辿り着く読者に向けて書くもの

KWが明らかに初心者向けのものなのに、専門用語を当たり前に羅列するようなWebライターは読者目線に立てていません。

Webライティングは自分が専門用語や難しい言葉を使うアピールの場ではなく、どんなに読者が知識不足でも理解できるよう書くのが重要です。

記事は自己表現の場だと考えている

Webライターの役割は、あるKWを検索してたどり着いた読者の悩みを解決できる情報を提供することです。

例えば、「イヤホン おすすめ」というKWで記事を書く場合、「おすすめのイヤホン〇〇選」という記事で、それぞれのポイント解説や比較などがメインテーマです。

これに対し、「イヤホンよりもヘッドホンがおすすめ」という、「客観的な意見なしで全て主観で書く」といったことは不要です。

michael
michael
そもそも、発注者は運営メディアで儲けるためにライターに依頼しているのであって、自己アピールの場を作るボランティアでないことを認識しましょう。

黙々と一人で向き合うことが苦手

Webライターの作業は、発注者から依頼を受けてからはリサーチ→執筆まで全て一人作業です。

黙々と一つの記事に数時間、場合によっては数十時間をかけることになるので、一人が苦手な方には向きません。

クライアントの意図が汲み取れない

これは全てのクライアントワークに当てはまりますが、クライアントの意図を汲み取れない人は稼げません。

Webライターの場合、事前に共有したマニュアルを読まない・指示を聞いていないことで、クライアントに迷惑をかける方は多いです。

このようにクライアントに工数をかけさせるような人はフリーランスそのものが向いていません。

また、自分が提出した記事と公開後の記事で何が違うのかを理解し、次回以降気をつけるようなことも重要です。

Webライターに向いてない人がすべきこと

「自分がWebライターに向いてない」と思った時にやるべきことは以下の通り。

  • SEOライティングの学習
  • 執筆ジャンルを趣味にするのが理想
  • クライアントと相性が悪い場合もある
  • 日頃から読書を習慣とする

SEOライティングの学習

SEOライティングはWebライターをする上での基盤、サッカー選手におけるシューズといっても過言ではないくらいだと思います。

記事が読まれるためには検索結果で上位表示されることが不可欠ですが、SEOライティングができれば上位に表示されやすいです。

michael
michael
上位表示される→読まれやすい→収益が発生しやすいという流れが生まれるので、クライアントも非常に重要視している要素です。

具体的な学習手段は下記のものがあるので参考にどうぞ。

手段おすすめ
書籍
ブログ
YouTube
スクール・講座
【ライター初心者】ライティング・SEO学習のおすすめ本8選|書き方から仕事の取り方まで解説ライターを仕事にするには、ライティングスキルとSEOの知見が欠かせません。ブログやYouTubeにも多くの情報がありますが、分からない時...

執筆ジャンルを趣味にするのが理想

執筆ジャンルの知識が全くなくて、うまく書けないという場合もあるでしょう。

この場合は執筆ジャンルが趣味になるくらい打ち込む・リサーチするのが理想です。

michael
michael
例えば、筆者は筋トレを4年以上やってきて、トレーナー経験もあるのでその経験を活かして、文字単価3円まで上げてきました。

これくらいオタクになっている分野の記事を書くと、勝手に独自性や情熱のこもった記事になりますし、クライアントから「めちゃめちゃ詳しいですね」と言われます。

もし、今のジャンルにそこまでの愛着がないなら、趣味や興味のあるジャンルに変えてみるのが個人的にはおすすめです。

Webライターはジャンル選びが9割【失敗すると稼げません】Webライターのジャンル選びについて解説!ジャンル選びは稼げるジャンルか、仕事や趣味関連のジャンルがおすすめです。ジャンルの知識とSEOの知識があれば絶対に稼げます。...

クライアントと相性が悪い場合もある

Webライターが向いてない、つまらない

こう思うのは単にクライアントとの相性が悪いだけという場合もあります。

記事のカテゴリーはもちろん、コミュニケーションの取りづらさも影響するでしょう。

その場合は別の案件に応募して、自分に合うクライアントを探すのもおすすめです。

日頃から読書を習慣とする

自分自身、Webライターをやってきた経験や発注してきた経験から「読書がWebライティングに活きる」と考えています。

日頃から読書している人は作家の文章から正しい日本語のエッセンスを吸い取ったような文章を書くので、正しい日本語を書く印象があります。

一方、読んでない方は完全に我流で変な型が出来上がっていて、読みづらいのが典型的です。

michael
michael
学歴が高いのも日本語力の高いことの表れなので、文章力に比例するのかなとも最近は思っています。

Webライターにどうしても向かないと思う場合

どうしてもWebライターに向いてないと思う場合は、諦めて転職するか最終手段としてスクールに頼るのが良いでしょう。

転職

Webライターは副業の中でも最も難易度が低いものだと思いますが、それでも合わない人はいます。

その場合は潔く、異業種への転職を検討した方がいいと思います。

それでも未だに何が向いてるかわからない

こう思う方は一度、あなたの強みや弱みを客観的に分析するのがおすすめです。

リクナビNEXTでは会員登録するだけで、転職活動で活かせるあなたの強みを評価できるグッドポイント診断を行っているので、ぜひご活用ください。

ライティングスクールに通う

「なかなか成長せずに苦労してるけど、ライターとして諦めたくない」という場合は、ライティングスクールに入るのが良いでしょう。

最近ではYouTubeやブログなど無料の情報源も増えていますが、最短でスキルアップするならスクールがおすすめ。

michael
michael
筆者自身もスクール出身で、ウェブタスというスクールに通って、一年で文字単価が0.5⇨3.0円になりました。
【経験者が口コミ】ウェブタスライティングコースの評判・料金まで徹底レビュー!ウェブタスライティングコースを徹底レビュー!加入して1年以上の筆者が感じたメリット・デメリット・評判などを解説します。怪しいと思う人もいますが60日の返金保証もあるので大丈夫。...

まとめ:Webライターに向いてない人の特徴

今回はWebライターに向いてない人の特徴を7つ紹介してきました。

  • 文章が苦手
  • 調べる力がない
  • 長時間集中できない
  • 読者目線に立てない
  • 記事は自己表現の場だと考えている
  • 黙々と一人で向き合うことが苦手
  • クライアントの意図が汲み取れない

単に不慣れな場合もあれば、本質的に向いていない場合もあります。

決しWebライターは難しい仕事ではないですが、どうしても身につかない場合はスクールに頼るのも一つの手です。

気になる方は以下の2つのスクールをぜひチェックしてみてください。

【経験者が口コミ】ウェブタスライティングコースの評判・料金まで徹底レビュー!ウェブタスライティングコースを徹底レビュー!加入して1年以上の筆者が感じたメリット・デメリット・評判などを解説します。怪しいと思う人もいますが60日の返金保証もあるので大丈夫。...
ABOUT ME
ミカエル
大阪在住商社マン。元トレーナーの経験、システム部門所属、フリーランス経験を活かした情報を発信中。 脱サラに向けて活動中。
関連記事