広告 動画編集

安い動画編集スクールのおすすめ4選!料金・選び方を解説

考える人
動画編集スクールに通おうと思ってるけど、できれば安く抑えたい

動画編集スクールは料金が数十万円かかるものが多く、このようにお考えの人もいるでしょう。

そこで今回はあらゆる動画編集スクールの中から特に安くて質の高いスクールを紹介します。

本記事の執筆者

筆者自身、動画編集スクールのstudio USに入会している他、これまで20社以上の動画編集スクールを調べて経験から、おすすめのスクールを厳選して紹介します。

安い動画編集スクールの料金相場

動画編集スクールの料金相場を比較してみた結果がこちらです。

スクール 入会金 料金(税込)
Moviehacks なし 69,800円
デジハク なし デジハクコースREG;148,000円
デジハクコースPRO:248,000円
デイトラ なし 79,800円
studio US なし 55,000円
デジLIG なし 330,000円
ムークリ なし 297,000円〜

一般的にはPremiere Proのみを学ぶ場合は安く、Premiere ProとAfter Effectsの両方を学ぶ場合は料金が高くなっています。

Premiere Proを学ぶのであればMoviehacks、Premiere Pro・After Effects両方を学ぶ場合はデジハクかデジLIGがおすすめです。

安い動画編集の選び方

安い動画編集スクールのおすすめの選び方を紹介します。

  • カリキュラムの内容
  • 口コミ・評判
  • サポートの充実度

カリキュラムの内容

スクールによって学べる動画編集ソフトの種類が異なるため、自分に合うものを選ぶ必要があります。

定番はAdobeのPremiere ProとAfter Effectsで、実際の動画編集の案件もほとんどAdobeソフトが指定されています。

2つのソフトの違いは大まかに以下のようになっています。

アイコン
名称 Premiere Pro After Effects
操作性 比較的簡単 難しい
案件単価 安い 高い
作れる動画 YouTube、広告動画は厳しい YouTube・広告動画・アニメーション動画
特徴 操作が覚えやすくシンプル
簡単なYouTube動画は十分に作れる
複雑なエフェクトは使えない
機能が多すぎて扱いが難しい
CGなどの複雑なエフェクトを使う動画も作れる
広告動画やアニメーション動画に使われがち

一般的なYouTube動画の多くはPremiere Proのみで作られており、案件数も多いことからPremiere Proを使う編集者は非常に多いです。

一方でAfter Effectsは難易度の高さから使いこなせる編集者は少ないため、使えるようになると一気に差別化が図れます。

さらにAfter Effectsの方が圧倒的に単価が高い傾向にあるため、筆者はAfter Effectsをしっかり学べるスクールがおすすめです!

口コミ・評判

できるだけTwitter等の口コミが充実している上で、受講して満足している方が多いスクールを選びましょう。

できたばかりのスクールを除き、口コミがほとんどないスクールは質が高くないという可能性もあります。

ミカエル
稼いでいる卒業生が多ければ信頼できますよね。一方、ネガティブな声があるスクールは説明会でその真偽を質問して確かめましょう。

サポートの充実度

スムーズに動画編集スキルを身につけるために、質問できる環境や添削指導、受講生同士のイベントなどさまざまなサポートが充実していると嬉しいですよね。

特にプロのフィードバックや分からない時にすぐ聞ける環境があるかないかで成長スピードは大きく変わってくるものです。

ポートフォリオ制作ができるか

動画編集の案件に応募するときは、これまで作った動画をHPなどにまとめたポートフォリオというものを提出します。

このポートフォリオの質が案件獲得を左右するため、高単価の案件を目指すほどポートフォリオの質も上げなければなりません。

デジハクなどのスクールではポートフォリオ制作も手伝ってもらえるため、卒業後も案件が比較的取りやすいといえるでしょう。

 

安い動画編集スクールのおすすめランキング

安い動画編集スクールの中で特におすすめのスクールをランキング形式で紹介します。

1位:エディターキャンプ

運営会社 株式会社エディターキャンプ
入会金 3万円
※当日入会で0円
料金(税込) オンデマンド:3,278円(初月1,078円)
教養:月額10,780円
個別指導:月額21,780円
受講内容 Premiere Pro・After Effects
教室 渋谷・大阪梅田
5行見出し(左) 5行1列

エディターキャンプは月額制の動画編集スクールで、オンデマンドプランなら初月1,078円と超格安で始められるのが魅力です。

後からでもコース変更が可能なので、まずはオンデマンドプランで格安で学び、応用スキルを学ぶ際に教養プラン・個別指導プランに切り替えるのがおすすめです。

また渋谷・大阪梅田には自習・授業・撮影など幅広い目的で使用可能な教室も設けられており、交流の場にもなっています。

「受講費用を抑えながら、しっかり学びたい」「教室を使いつつ、編集仲間も増やしたい」という方には非常におすすめのスクールです。

\ 月額1,078円で始められる /

今すぐ無料説明会を予約

※充実した個別サポートあり
※渋谷・大阪梅田の教室使い放題

2位:Moviehacks

運営会社 株式会社スキルハックス
料金(税込) 69,800円
期間 なし
学習内容 Premiere Pro、After Effects
転職サポート なし

Premiere Proの動画編集を最もコスパ良く学ぶなら、Moviehacksがおすすめです。

Moviehacksは他の動画編集スクールと比べても圧倒的に安く、さらにTwitterでも稼げたという声が非常に多いスクールです。

Premiere ProでのYouTube編集がメインとなるため、YouTubeチャンネル専門の編集者を目指す人やYouTubeディレクターになりたい人に向いています

一方でAfter Effectsのボリュームはやや少ないため、広告動画などAfter Effectsメインで学びたい方はデジハクの方がいいでしょう。

\ 業界最安級の動画編集スクール /

ムービーハックスを公式サイトで見る

※卒業生限定で案件紹介
※質問は無制限・無期限で対応

【口コミ・評判】ムービーハックスは稼げない?アオの案件獲得コンサルの内容も紹介!

続きを見る

3位:デジハク

運営会社 UNIT BASE株式会社
料金(税込) デジハクコースREG:148,000円
デジハクコースPRO:248,000円
料金(月額) デジハクコースREG:6,200円
デジハクコースPRO:10,340円
学習形式 300本以上の動画講義をオンライン視聴
学習内容 Premiere Pro/After Effects/YouTube編集/サムネイル
動画マーケティング/ポートフォリオ/リテラシーなど
期間 カリキュラムは閲覧無制限
案件サポート あり
転職サポート キャリア相談のみ
公式HP こちら

After Effectsを最もコスパ良く学ぶなら、デジハクが最もおすすめです!

デジハクは比較的値段が安いながらも、副業相談やオンライン面談など個別サポートが最も充実したスクールと言えるでしょう。

また高単価の案件が取れるモーショングラフィックスや広告動画の講座もあり、動画編集で独立できるレベルの編集者も目指せます。

ミカエル
ポートフォリオも講座内で作成できるので、フリーランス独立を目指す方にもおすすめ!

\ マンツーマン指導が充実! /

デジハクの無料説明会に参加する

※説明会の予約はたった30秒

【体験談】デジハクを受講してわかった評判・口コミ!料金や他スクールと比較評価!

続きを見る

4位:デイトラ

運営会社 株式会社デイトラ
料金(税込) 79,800円
学習形式 動画
講師への質問期間 1年間
教材閲覧 無期限(アップデートあり)
案件紹介 あり

デイトラはYouTubeに特化した動画編集スキルを学べる格安のスクールです。

YouTubeの実案件を意識したテクニックを学んだり、プロの添削つき課題が受けられるため、効率的に編集者としてステップアップができるでしょう。

さらに実案件で使える営業や編集素材のテンプレートがもらえるため、慣れない案件でもスムーズに進められます。

\ 業界最安級で動画編集が学べる /

無料でレッスン動画をみる

【コスパ抜群】デイトラの動画編集コースの口コミ・評判!

続きを見る

5位:studio US

料金 55,000円〜
受講形式 オンライン
身につくスキル Premiere Pro/After Effects/Cinema4D/セールスなど

studio USは未経験からプロの動画編集スクールを目指すスクールです。

筆者は動画編集総合コースを受講しましたが、studio USは良くも悪くもAfter Effectsがメインです。

ただ副業で簡単なYouTube編集をして月に5万程度稼げれば十分という場合はPremiere Proのみで十分なので、ムービーハックスなどの方がおすすめ。

またサービス内容の共通点の多さからデジハクと比較されることも多いので、気になる方はこちらの比較記事も参照ください。

迷ったときは選び方

どうしても迷った時はデジハクがおすすめです。

なぜなら比較的値段が安いながらも、After Effectsの講座が充実しており、最もコスパ良く稼げるスクールだと考えられるからです。

カリキュラムを見ても通常の編集スキル以外にも広告スキルや企画、撮影、デザインなど、質の高い編集者を目指す上で欠かせないスキルが学べます。

デジハクで学べるスキル

デジハクで学べるスキル

さらに講義動画も講師の声が聞き取りやすく、説明も分かりやすいですよね。

さらに案件を取る上での”スキルの履歴書”となるポートフォリオも講座内で作れるため、案件獲得も他のスクールより取りやすいです。

価格も比較的安価ながら、充実した教材と手厚いサポートがあるのはデジハクだけです!

\ マンツーマン指導が充実! /

デジハクの無料説明会に参加する

※説明会の予約はたった30秒

安いスクールでコスパ良く動画編集で稼ごう

今回は安い動画編集スクールを紹介しました。

手軽にYouTubeの動画編集から始めて稼ぐならMoviehacks、広告動画など高単価の案件も獲得するならデジハクがおすすめです。

動画編集スキルを磨けば、新たな収入の柱となり、将来の仕事の幅も格段に広がります。

ぜひこれを機に動画編集の副業に励み、稼げる編集者を目指しましょう。

【口コミ・評判】ムービーハックスは稼げない?アオの案件獲得コンサルの内容も紹介!

続きを見る

【体験談】デジハクを受講してわかった評判・口コミ!料金や他スクールと比較評価!

続きを見る

【ディレクター解説】動画編集スクールのおすすめ6つを徹底比較! 

続きを見る

動画編集の副業の始め方まとめ!未経験者向けロードマップも解説

続きを見る

【無料あり】動画編集の独学・勉強方法まとめ!おすすめの本やサイト紹介

続きを見る

僕が受講したstudio USの評判・口コミ【卒業生が解説】

続きを見る

プロクリの口コミ・評判ってどう?料金や他スクールとの比較などを解説!

続きを見る

  • この記事を書いた人

ミカエル

ブログ運営の傍ら、TikTok・YouTubeの動画編集やディレクター業務、複数メディアのディレクション業務を行なっている。 ゆっくり系のYouTubeチャンネルで収益化達成。

-動画編集