動画編集

【受講生が語る】studio USの案件紹介とは?やってみた感想を解説!

  • studio USへの入会迷ってるけど、案件紹介ってどんな感じ?
  • それをやることでクラウドワークスなどの案件も取れるようになるの?

こんな疑問に答えます。

本記事のポイント

studio USに入会して、studio USからもらった案件を15個以上こなしてきた筆者が解説!

実際に受けてみないと分からない裏側までご紹介。

本記事の執筆者

studio USに加入したのは2022年3月で、動画編集を本格的に仕事にしたいと思ったのがきっかけです。

michael
michael
現在は動画編集スキルが身につき、TikTokの広告動画作成、YouTubeチャンネル運営など幅広く活動中。

案件紹介の中身について知りたい方は、こちらをタップして読めます。

また、詳しいレビュー記事を読みたい方はこちらからどうぞ。

【経験談】studio US受講した僕が評判・口コミ・デメリットまで徹底レビュー!

studio USに入会するきっかけとなった特徴

出典:https://studio-us.org/

studio USの特徴は以下の4つがあるので、それぞれ説明していきます。

  • オンラインでボリューミーな動画教材
  • プロ講師のサポート
  • 制作できる動画数が多い
  • 実績作りの案件をもらえる

オンラインでボリューミーな動画教材

studio USの動画教材は700本以上もあり、非常にボリューミーです。教材の中身は下記のようなバリエーションです。

  • 操作のチュートリアル
  • 実践的な動画制作
  • 素材サイトの紹介
  • 制作の流れ

操作のチュートリアルはyoutubeやAdobe公式でもありますが、そこを省くにしても動画数はかなり多いです。

プロ講師のサポート

studio USは動画教材をこなししつつ、質問があればSlackコミュニティでプロの講師へ質問可能です。

他の質問も見れるのですが、毎日何かしらの質問がされてます。

制作できる動画数が多い

他の動画編集スクールでは、制作数が10本以下のところが多い中、studio USでは15〜50本もの動画制作ができるとのことです。

制作できる動画のバリエーションも豊富で、ロゴや漫画風、CM風、PR風など多種多様な動画が作れます。(動画総合クリエイターコースの場合)

実績作りの案件をもらえる

studio USでは講座をある程度こなしたら、実績作り用の案件に挑戦できます。さらに制作すると、実績として企業名も使えます。

その案件の単価は低いですが、実績が作れるとなると他の案件が取れやすくなるので、メリットはかなり大きいです。

michael
michael
ここで実績を積めば、外部の案件もかなり取りやすくなりますね

studio USのコースの種類

studio USには動画編集コース、動画クリエイターコース、動画クリエイター総合コースの3つがあります。

動画編集コース動画クリエイターコース動画クリエイター総合コース
料金(税込)55,000円99,000円165,000円
分割払い4,584円〜8,250円〜13,750円〜
継続会費(税込)13,200円16,500円
学べること
  • Premiere Pro
  • After Effects
  • 映像編集
  • プレミアプロ
  • アフターエフェクト
  • 映像編集
  • シネマ4D
  • ディレクション
  • セールス
  • プレミアプロ
  • アフターエフェクト
  • 映像編集
  • シネマ4D
  • ディレクション
  • セールス
  • リテラシー
  • 画像加工
  • フォトショップ
  • イラストレーター
特徴YouTubeの編集向け特殊な編集もできるプロに必要なものを全てを学ぶ

副業でやるなら動画編集コースか動画クリエイターコース、本格的に稼ぐつもりなら総合コースが良いでしょう。

ただし、ディレクションやセールスのコンテンツは少ないので、そこを判断基準にするのはおすすめしません。

総合コースのリテラシーはボリュームがあるので、プロのノウハウを知るなら総合コースがいいでしょう。

studio USの案件紹介とは?

studio USの案件紹介は2種類に分かれています。

実績作りの案件

こちらは文字通り、実績がない方が案件を獲得するための土台用の案件です。

入会後に加入できるSlackチャンネルで「動画クリエイターコース・動画クリエイター総合コースの方向け」に定期的に募集されています。

筆者の場合は、「DMを送る→案件概要の説明会に参加→案件紹介」という流れでいけました。

なお、案件の概要は下記の通りでした。

実績作り用の案件概要
  • 作成用のKWと素材の入ったファイルをもらう
  • 台本はなく、素材から自分でストーリーを作って作成
  • BGMは有料サイトのものをタダで使える
  • 30〜60秒の簡単な事業紹介動画を作成
  • サムネイルは作らない
  • 1つあたりの報酬は1,000円
  • 後日修正依頼が来たら対応(追加報酬なし)

実際に筆者が作った一例がこちらです。

michael
michael
様々な業種の案件がありますが、いずれもインタビュー形式かインタビューなしでテロップや外観を映すCMのような動画になる場合が多いです。

studio USに依頼された高単価案件

HPにも記載されている、映像制作プロダクションでもあるstudio USが請け負っている高単価案件の一部をやるというもの。

上記の実績作りの案件を20件ほどこなしたら依頼されるとのことですが、筆者は20本に達していないのでまだできていません。

\ 業界最安値級の価格・最大級のボリューム /

最大50本もの動画を作れる
実績も作れて案件もすぐに獲得できる

studio USで案件紹介を受けてみた感想

筆者は実績作り用の案件しかできていませんが、その感想を紹介します。

台本の組み立ては良い経験になった

上記の通り、編集自体はシンプルですが用意された素材の中から、どれを使い、どの順番で流すかという組み立ての部分は良い経験になったなと思っています。

企業案件では台本がある場合も多いのですが、自身でYouTubeをやる場合など決まっていない場合もあるので、その時に0から1を作る経験は役立ちました。

案件は取れるようにはなる

筆者は上記の動画と、ポートフォリオ動画を送ると案件をある程度取れるようになりました。

michael
michael
営業文自体も判断材料ですが、テロップ・BGM・SE・トランジション等の基礎的な編集スキルを証明できれば難易度は決して高くありません。

その証明としてポートフォリオ+実績動画を活用しましょう。

\ 業界最安値級の価格・最大級のボリューム /

最大50本もの動画を作れる
実績も作れて案件もすぐに獲得できる

時給は1,000円を余裕で切る

実績作りという名目なので仕方ない部分もありますが、1,000円という報酬は格安です。

0→1の経験を得る意味では有意義ですが、そのスキルと基礎的な編集スキルが身につけばクラウドワークスやTwitterでも案件を十分に取れるでしょう。

これを20本以上こなすとstudio USから高単価案件をもらえると聞いたので、やっていますがモチベーションの維持は難しいです。

まとめ

今回はstudio USの案件紹介の概要と、実際にやってみた感想を紹介しました。

筆者はstudio USの案件をやってみて、ストーリーの組み立て能力や基礎的な編集スキルが身につき、外部の案件も取れるようになりました。

入会を検討中の方は下記のレビュー記事も参考にしてみてください。

【卒業生が解説】studio USの評判・口コミを経験からレビュー!studio usを入会を検討中の方必見。本記事では受講生の筆者だからこそ分かる評判・口コミを徹底解剖します。studio usは作る動画の数が非常に多く、アフターエフェクトの力はかなり身に付きます。他にも入会に役立つ情報を書いてるので、ぜひご覧ください。...
【現役編集者レビュー】動画編集スクールのおすすめ5つを徹底比較!  こんな疑問に答えます。 本記事の執筆者 筆者は動画編集スクールのstudio US出身で、現在はyoutub...
ABOUT ME
ミカエル
ブログ運営の傍ら、TikTok・YouTubeの動画編集やディレクター業務、複数メディアのディレクション業務を行なっている。 現在、広告のシナリオライティングの修行中。
関連記事