ガジェット

Beats Studio3 Wirelessレビュー!【音質・デザイン抜群】

beats by dr.dreシリーズのハイエンドモデル「Beats Studio3 Wireless」。

長らくワイヤレスイヤホンユーザーで耳がかゆくなる感覚に煩わしさを感じていた筆者は、ワイヤレスヘッドホンが欲しいと思っていました。

在宅時のデスクワーク用かつ、MacユーザーなのでApple製品がいいなと思っていました。

AppleというとAirpod Proが定番ですが、筆者はあまり好みでないので、どうせならbeats by dr.dreが良いなと思っていました。

そんな中見つけたのがBeats Studio3 Wireless

ミッドナイトブラックとレッドのデザインに惹かれ、迷いましたが結局レッドを選択。

ということで使用感を徹底レビューしていきます!


Beats Studio3 Wireless の基本情報

Beats Studio3 Wirelessの基本情報は以下の通り。

製品名Beats Studio3 Wireless
ブランド名beats by dr.dre
カラー
  • マットブラック
  • レジスタンスブラックレッド
  • レッド
  • ホワイト
  • ブルー
  • ミッドナイトブラック
  • シャドーグレー
チップApple W1チップによるAppleデバイス間のスムーズな切り替え
再生時間
  • 最大22時間(ノイズキャンセルオン)
  • 最大40時間(ノイズキャンセルオフ)
Bluetoothあり(有線コードも付属している)
充電Fast Fuel機能で10分の充電で3時間再生可
充電タイプmicroUSB
高さ/重さ18.4cm/260g
価格
  • 34,800円(一部Amazonで割引あり)
  • アップルケア2年プランで+3,740円

同梱物

同梱物は以下の通り。

  • キャリングケース
  • USB typeA ー microUSBケーブル
  • 優先イヤホン
  • 3.5mmのリモートトークケーブル
  • 説明書


Beats Studio3 Wireless 実際に使った感想

続いて、Beats Studio3 Wirelessを実際に使った感想を紹介していきます。

開封するとおしゃれなケースが現れます。

開封するとこんな感じ。


Beats Studio3 Wireless を使って感じたメリットとデメリット

メリット①音質・ノイズキャンセリングは良い感じ

さすがはシリーズのハイエンドとあって、音質は上品で気持ちいいです。

michael
michael
ノイズキャンセリングも良い感じで、拍手してみてもほぼ聞こえないです。

音質重視の方はSONYが良いと言われますが、よほどこだわりがないならApple製品との接続がスムーズなBeatsシリーズがおすすめ。

メリット②デザインがイケてる

ぶっちゃけ、筆者は赤くてイケてるヘッドホンが欲しくて本製品を選びました。

ネットの商品画像より、若干暗めの色合いでしたが気に入っています。

メリット③Apple製品内での切り替えが早い

筆者はMacBookとiPhoneに接続していますが、Mac→iPhoneへの切り替えが非常に早いです。(逆も然り)

以前使っていたAnkerのイヤホンでは、再起動しないとつながらないこともありましたが、本品はそんなことも起きません。


デメリット①付けっぱなしは耳が痛くなる

筆者はデスクワークのお供に使っていますが、しばらくして耳の痛さが気になりました。

購入してすぐで圧力が強いのと、そもそもヘッドホン自体がそういうものなので仕方ない側面もあります。

デメリット②高い

ハイエンドモデルなので、やはり高いです。筆者は数年間使う予定で買いましたが、様々なヘッドホン・イヤホンを楽しみたい方は向かないでしょう。

同じBeatsの安いモデルを買うか、Anker社のSoundcoreのヘッドホンが安価ながらコスパが高い商品としておすすめです!


Beatsの他のヘッドホンとの比較

Beats Studio3 WirelessとBeatsの他のヘッドホンと比べてみました。

Studio3 WirelessSolo ProSolo3 Wireless
価格(税込)34,800円22,410円
ノイズキャンセルN/A
外部音取り込みN/AN/A
Fast Fuel10分の充電で約3時間再生5分の充電で約3時間再生
AppleチップW1テクノロジーH1テクノロジーW1テクノロジー
内蔵マイクとコントロール

ノイズキャンセル機能や音質は価格に比例してStudio3 Wirelessが勝りますが、ノイズキャンセルはBeats製品自体が強くないと言われています。

そのため音質に強いこだわりがない方は、Solo3 Wirelessでも十分でしょう。


Beats Studio3 Wirelessを購入した人の口コミ

良い口コミ

この商品を買って後悔することはほぼ無いでしょう。そう言い切れるぐらい、素晴らしい商品だと感じています。デザインが格好いいのはもちろんのこと、サイドにある操作ボタンで音量を変えたり、流している音楽を次ぎの曲にスキップすることもできて、操作性もかなり高い水準です。

出典:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2XKCLHFBEMXHL/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B085658YB9

悪い口コミ

音質はビーツサウンドって感じです。期待通りだと思います。
ノイキャンに関しては本当に誤差ですね。今までBOSEとかSONY使ってた人が買ったらノイキャンついてるのか疑いたくなるレベルだと思います。室内で音楽楽しむのは最高ですけど出先とか電車で使いたい人はBOSEとかの方がいいですね
Beats Studio3 Wirelessはデザイン・機能性・音質を評価する声が非常に多かったです。
一方、ノイズキャンセルはSONYやBOSEには劣るという声も複数ありました。

Beats Studio3 Wireless はこんな人におすすめ!

Beats Studio3 Wirelessがおすすめの人はこんな人です。

  • 音質やデザインにこだわりがある
  • ノイズキャンセル重視ではない
  • Apple製品をよく使っている
  • 高くても気に入ったものを長く使いたい

デザインや音質のクオリティの高さは満場一致で高評価という印象でした。

しかし、ノイズキャンセルや価格の高さがネックなのでノイズキャンセル機能が優れたコスパ重視のヘッドホンを求める方には向きません。


Beats Studio3 Wireless に関するよくある質問

偽物はどうやって見分ける

Apple公式によると、偽物の見分け方は下記の通りです。

お金を無駄にしないために。Beats の偽造品は、保証の対象にはなりません。また、購入後すぐに破損することが少なくありません。

偽造品の見分け方は以下の通りです。

  • 正規品にしては値段が安すぎる。これは偽造品であるためです。Beats の純正品は、高品質の素材を使い、ほかにはない快適な聴き心地を追求した作りになっています。
  • 販売店が 2 個以上買うと割り引きしてくれる。Beats の正規販売店では、お買い上げに際して値引きすることはありません。
  • 外箱を覆う包装フィルムがぴったりしていない、または仕上がりが粗雑である。包装が正規品らしからぬ仕上がりである場合、その Beats 製品は偽物です。
  • 梱包箱に入っていない、またはマニュアルや保証書が付属していない。オークションサイトで販売されている、箱に入っていない製品、マニュアルや保証書が付属していない製品は偽物です。
  • 包装が疑わしい。包装やラベルが低品質、色あせている、損傷がある場合、または見慣れないマークやスペルミスがある場合、これらはすべて偽造品の明らかな証拠です。

出典:https://support.apple.com/ja-jp/HT201136

万が一、偽物を購入した場合の対処法も記載されているので、万が一の場合はこちらのページをご覧ください。

音漏れはする?

音漏れはちょっとあります。Macbookと接続では音量16段階のうち、4段階目くらいから音が聞こえ始めます。(耳と50cmほど離した場合)

外出時に静かなところだと周囲に音漏れが聞こえるリスクがあるかな?といった感じです。

ノイズキャンセル重視でなければ買い

今回はBeats Studio3 Wirelessを実際に購入した筆者が買ってみてわかったことを徹底レビューしてきました。

ノイズキャンセル面は同価格帯の他の製品に劣るようですが、音質面・デザイン面は十分に優れていると思います。

Apple製品ユーザーやデザイン・音質重視の方は本記事を機に挑戦してみてもいいでしょう。

MX KEYS Miniレビュー|優先接続やファンクションキーの設定を紹介!ロジクールMX KEYS Miniレビュー。優先接続の有無やスクリーンショット、ファンクションキー設定などを解説。ファンクションキーと正確な打鍵が最高で、ずっと愛用しています。...
デスクワークの効率化を図るおすすめグッズ6選|作業のお供と休憩グッズをそれぞれ紹介!「デスクワークを効率化させるおすすめグッズはある?」「デスクワークの休憩時に良いグッズある?」 このようにお考えではありませんか?...
ABOUT ME
ミカエル
ブログ運営の傍ら、TikTok・YouTubeの動画編集やディレクター業務、複数メディアのディレクション業務を行なっている。 現在、広告のシナリオライティングの修行中。
関連記事