ガジェット

【MultCloudレビュー】使い方や料金、メリット・デメリットを徹底解説!

複数のクラウドを使っていて、データがバラバラになってる

こんなお悩みを解決するのが、MultCloudです。MultCloudとは複数のクラウド間でデータを転送したり、クラウドを一箇所で管理できたりと多機能なクラウド管理ツールです。

本記事のポイント

MultCloudの概要や使用方法、料金プラを徹底解説!

実際に使ってみて感じたメリット・デメリットも併せて紹介します!

\TRY NOW/

複数のクラウドを一箇所で管理。
30以上のクラウドを無料で簡単に統合

MultCloudとは?

MultCloudとは複数のデータを1箇所に集め、データを管理できるサービスです。

複数のクラウドを使っていて、関連するファイルの場所がバラバラになっていて管理が大変な時におすすめです。

MultCloudで使用可能なクラウドは30以上もあるので、あらゆる国のユーザーに対応できるでしょう。

対応している代表的なクラウドサービス
  • Google Drive
  • OneDrive
  • Dropbox
  • MEGA
  • Google Photos
  • G Suite
  • FTP
  • Baidu
  • pCloud
  • Box
  • OneDrive for Business
  • Dropbox for Business
  • Yandex
  • MediaFire
  • Flickr
  • Cubby
  • Evernote
  • WebDAV
  • HubiC
  • Amazon S3
  • OwnCloud
  • MySQL
  • Egnyte
  • Putio
  • ADrive
  • Hidrive
  • SugarSync
  • Backblaze
  • WEB.DE
  • CloudMe
  • MyDrive
  • NAS
\TRY NOW/

複数のクラウドを一箇所で管理。
30以上のクラウドを無料で簡単に統合

 

MultCloudの使い方

MultCloudの基本的な使用方法を紹介していきます。複雑な操作方法なく、シンプルな設計になっています。

操作に慣れるまでそんなに時間はかかりません。

MultCloudに登録

まずは登録方法です。アカウントを使用するために必要な情報などを入力していきましょう。

  1. 公式ホームページに移動
  2. 「今すぐ登録」をクリック
  3. 表示に従い情報を入力
  4. 確認メールが配送され、有効化する
  5. MultCloudにサインイン
  6. メールアドレス・パスワードの入力
  7. サインイン完了

以上の手順でまずはアカウントの作成を行います。

クラウドの追加

次はクラウドの追加方法です。

「クラウド追加」を選択します。クラウドの追加は、各クラウドを選択すると各サービスの認証画面に移行されます。

画面移行後、ログイン・許可の有無を選択するだけで追加が可能です。

クラウドの同期

次にクラウドの同期方法です。

クラウド同期」を選択すると画像のような画面に移行します。「クラウド追加」で追加したクラウドのみが使用可能になります。

同期元・同期先は追加したクラウドから任意で選択できます。


同期元・同期先の白い枠内をクリックすると追加したクラウドが選択できます。そして、任意のクラウドを選択して操作終了になります。

\TRY NOW/

複数のクラウドを一箇所で管理。
30以上のクラウドを無料で簡単に統合

MultCloudの料金プラン

MultCloudの料金プランは制限付きデータと無制限のデータに分かれます。

制限付きデータは3種類に分かれます。

  • 5GB/月:無料
  • 1200GB/年:590円/月
  • 2400GB/年:984円/月

無期限のデータの場合は上記の3種類に分かれます。

  • 5GBデータトラフィック/月:無料
  • 毎月無制限のデータトラフィック:1,171円/月
  • 無期限無制限のデータトラフィック:29,402円/月

MultCloudを使用して感じたメリット・デメリット

実際に使用してみて感じたメリット・デメリットについて紹介していきます。

MultCloudの使用の仕方でデメリットもメリットに変わったりするので、さまざまな使い方を試してみてください。

メリット①複数のクラウドを自在に組み合わせられる

まず前提として、クラウド環境を選定する場合、各々のサービスで機能や価格などを一つ一つ必要性に合わせて選定しなければなりません。

MultCloudを使用することで、各サービスの必要な部分だけを組み合わせることができるため、クラウドの良い所取りができます。

メリット②セキュリティのリスクが分散できる

クラウドを使用している際にシステム障害が発生した場合、復旧に時間がかかったり、業務に支障が出てしまいます。

MultCloudでは、複数のベンダーを利用するので、使用中のシステムのバックアップやリカバリーができます。

そして、同一タイプのサービスを利用するため、リスクを分散できます。

\TRY NOW/

複数のクラウドを一箇所で管理。
30以上のクラウドを無料で簡単に統合

 

デメリット①クラウド数によっては運用コストが高くなることも

複数のベンダーより提供を受けることができるサービスですが、従量課金に伴い、クラウドが複数に上ると運用コストが割高になります。

社内で厳選したクラウドを必要最低限使用し、より優れたクラウド環境の使用をおすすめします。

デメリット②クラウドが増えるにつれ手間も不可も増加する

クラウドをカスタムして使用できる一面もあるサービスですが、複雑化することで管理・運用に手間がかかります。

対策としては、多様化する前に社内体制や人的リソースを整えることでクラウド環境を一元化して管理できます。

MultCloudはどんな人におすすめか

MultCloudは業務を行う上で効率化を図りたい方におすすめです。

上記で述べているように、複数のクラウドを一元化でき、管理・運用が非常に楽になります。

さらに仕事で複数のクラウドを用途に分けて使用している方には特におすすめです。
MultCloudで業務の負担を軽減しましょう。

\TRY NOW/

複数のクラウドを一箇所で管理。
30以上のクラウドを無料で簡単に統合

まとめ

MultCloudの使い方やメリット・デメリットについてご紹介してきました。

まとめ
  • 複数のクラウドを一元化できる
  • 無料のプランから有料プランまで幅広く用意している
  • クラウドの運用が軽減できる

データが複数のクラウドでバラバラになっていて、「管理が面倒」という方にはもってこいのサービスです。

利便性に長けたクラウドサービスなので、一度試してみるのも良いかもしれません。

\TRY NOW/

複数のクラウドを一箇所で管理。
30以上のクラウドを無料で簡単に統合

 

ABOUT ME
ミカエル
ブログ運営の傍ら、TikTok・YouTubeの動画編集やディレクター業務、複数メディアのディレクション業務を行なっている。 現在、広告のシナリオライティングの修行中。
関連記事