Webライター

Webライターは食えない?【ヒント:スキルとコミュニケーション】

Webライターって食えないって聞くけど、実際どうなの?興味あるけど、食えないならやめとこうかな

こういった疑問に答えます。

本記事のポイント

Webライターが食えない仕事かどうかを解説!

実際にWebライターを副業として月20万以上稼いでいる筆者が、

  • Webライターの平均年収
  • 食えるボーダーラインに到達するための文字数の目安
  • 食えないWebライターの特徴
  • 食えない状態から食えるようになる方法

までを徹底解説しています。

michael
michael
結論、統計的には食っていけるラインと言えます。どんな職業でも食っていけないという人は一定数いるわけで、それらの人は能力不足が大きな理由です。
未経験からWebライターの始め方【働き方や年収・将来性まで徹底解説】 こういった疑問にお答えします。 □本記事の信憑性 1文字あたりの単価も0.3→0.7→1.0→1.5...
クラウドワークスのライティング初心者【案件獲得前の5つの備えを解説】「クラウドワークスのライティングで稼ぎたい」「ライティング初心者が案件獲るにはどうすればいいの?」 このようにお考えではありませんか?...

Webライターが食えないかは年収が物語っている

「Webライターは食えないのか?」と疑う前に平均年収を見てみましょう。

フリーランス白書2019によると、WEBライター(翻訳や通訳なども含む)の年収の内訳は下記の通り。

年収割合
1000万円以上3.7%
800-1000万円5.5%
600-800万円8.2%
200-400万円21.5%
200-400万円26.9%
200円未満32%
未回答1.8%

200〜400万円のラインが多く、確かに食えない低収入かもしれません。

ですが、2021年のサラリーマンの平均年収は403万円、手取りでいうと300〜340万円となり五分五分と言えるでしょう。

食えるか食えないかのボーダーライン

統計的には会社員とほぼ同じということが分かりましたが、食えるか食えないかのボーダーラインを見ていきます。

新卒の手取りが月20万円程度、地方在住であれば15〜20万円程度であるため、このラインが食える・食えないのボーダーラインと言えるでしょう。

つまり、食える仕事というには最低月15万円。これをWebライターが達成するための目安を見ていきましょう。

食えるWebライターの目安

食えるWebライターの目安を月に15万円とします。

これを文字単価と月の執筆文字数で考えると以下の通り。

月に15万円稼ぐ場合
文字単価月の執筆文字数1日の文字数(1ヶ月30日)
0.530万文字1万文字
0.8187,500文字6,250文字
1.015万文字5,000文字
1.510万文字3,333文字
2.075,000文字2,500文字

1時間で1,000文字書くとしても、文字単価0.5円なら10時間、0.8円なら6時間半程度。

こう考えると、あながち目指せない数字でもありませんよね。

michael
michael
文字単価0.5円は初心者レベルの単価で、毎日1万文字はなかなかハードですが、絶対無理というレベルでもありません。

しかし、それでも食えないという人は仕事を継続的に取れないという場合が大半です。

それらの食えないWebライターの特徴に迫っていきます。

食えないWebライターの特徴

食えないWebライターの特徴は以下の通り。

  • SEOライティングの知識がない
  • 専門性がない
  • 発注者にストレスを与えている

SEOライティングの知識がない

SEOとは検索エンジン最適化のことで、SEO対策とは検索結果を決めているグーグルから評価されるような記事を作るということ。

そもそも、SEOができていなければ分かりやすい文章だろうと、検索結果に出ないのでユーザーから見つけられることもありません。

発注者からすると、ユーザーから見つけられない記事を書く人に依頼するメリットはありません。

michael
michael
逆に言えば、検索で上位を取れるようなSEOの知見とライティングスキルがある人こそ発注者が求めている人材なのです。

専門性がない

最近では専門家が書く記事もグーグルから評価される傾向にあります。

専門家とはおおよそ下記のように仕事の経験がある、関連資格を保持する場合です。

  • 税金や確定申告の記事→税理士の資格を持つ人
  • 不動産系の記事→不動産会社に勤務した経験や宅建などの資格保持者

専門家が書くことで記事の信憑性・権威性が高まると共に、内容もより深掘りされた記事になるのでユーザーも役に立ちます。

michael
michael
逆に言えば、専門家でないジャンルの記事は調べながら書くしかないので他の記事と似通った浅く価値の低い記事となるわけです。そのような独自性も価値も低い記事しか書けないライターもまた稼げません。

仮に長年続けてきた趣味や仕事がある場合はそれも専門性に値するため、そのジャンルを選ぶも一つの手です。

Webライターはジャンル選びが9割【失敗すると稼げません】Webライターのジャンル選びについて解説!ジャンル選びは稼げるジャンルか、仕事や趣味関連のジャンルがおすすめです。ジャンルの知識とSEOの知識があれば絶対に稼げます。...

発注者にストレスを与えている

たまに仕事が取れても、発注者にストレスを与えてしまって、継続依頼されないパターンです。

michael
michael
筆者は発注もするので分かりますが、面倒な人とは一度きりしか仕事を頼みません

具体的な行動を挙げると以下の通り。

  • 調べれば分かることを聞く
  • メディアルールに書かれているものに従わない
  • 10伝えても3くらいしか伝わらない
  • 指示に素直に従わず我流でやりたがる
  • リライトに文句を言う
  • 同じ指摘を何度もされる
michael
michael
例えばワードプレスの操作は調べればいくらでも情報が出てきます。さらに筆者の場合、吹き出しや装飾方法はメディアルールにも記載しています。にも関わらず、メディアルールとは違う装飾をしたり、調べれば分かることを聞いてきたりされるとストレスを感じます。

食えないWebライターがやるべきこと

食えないWebライターが、食えるようになるためにやるべきことは以下の通り。

SEOライティングと専門性を磨く

Webライターとして食えるようになるには、SEOライティングと執筆ジャンルの専門性を高めることが最優先です。

SEOライティングは書籍、ブログ、YouTube、スクールでの習得がおすすめ。

手段おすすめ
書籍
ブログ
YouTube
スクール・講座

経済的に余裕があるならスクール・講座が最短で伸びます。

しかし、まずは無料で勉強したい方はブログ・YouTubeでもある程度は学べますよ。

【ライター初心者】ライティング・SEO学習のおすすめ本8選|書き方から仕事の取り方まで解説ライターを仕事にするには、ライティングスキルとSEOの知見が欠かせません。ブログやYouTubeにも多くの情報がありますが、分からない時...
【経験者が口コミ】ウェブタスライティングコースの評判・料金まで徹底レビュー!ウェブタスライティングコースを徹底レビュー!加入して1年以上の筆者が感じたメリット・デメリット・評判などを解説します。怪しいと思う人もいますが60日の返金保証もあるので大丈夫。...

固定費を下げる

副業でライターをやっている方は必須ではありませんが、フリーランスでライターをやろうとしている方は固定費をとにかく下げましょう。

ぶっちゃけ、ライター成り立てのうちは実績がないので稼げません。

稼げないのに都会に住む・サブスクをたくさん登録してるとなると、すぐに資金が底をつきます。

経済的に不安定な状態では、スキルアップしようにも生活の不安が常につきまとい集中できません。

michael
michael
特に家賃を下げて、スキルアップに投資したいのでシェアハウスや実家への帰省を考えた方がいいです。筆者もスキルアップの時間確保のために帰省しています。

フリーランスとしてのコミュニケーションを学ぶ

Webライターのコミュニケーションは、基本的にメールかチャットです。

意識すべきポイントは、相手のコミュニケーションコストを下げること、これに尽きます。

つまり、相手の時間をいかに奪わないかということ。

具体的には下記の通り。

  • 指示されたルールには全て従う
  • 分からないことは自分で調べる
  • 一度指摘されたミスは二度と繰り返さないくらいの意識を持つ
  • 即レス
  • 納期が遅くなりそうなら事前にその旨と理由を伝える
  • メッセージは箇条書きにする

筆者は何度か外注したことがありますが、優秀なWebライターはこれが出来ている印象があります。

michael
michael
自分の意見を言うのも大事ですが、それは信頼と実績を築いてから。最初は指示に従いましょう。

詳しくはこちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

クラウドワークスで継続依頼されるポイント4選【支払いの流れまで解説】「クラウドワークスのライティング案件取れたけど、継続できるかな?」「発注者とのやりとりは何を意識すればいい?」 このようにお考えで...

Webライターはやりよう次第でいくらでも食える

ここまでWebライターが食えるか、食えないかについて解説してきました。

結論、Webライター自体は統計上は会社員と変わらないので、食えないというわけでもないでしょう。

その中で「Webライターで食えない」と言う人もいますが、これらもスキルとコミュニケーションを磨けばなんとでもなります。

Webライターに興味がある人は「食えないかも?」なんて思う必要はありません。

本ブログでは筆者がWebライターとして食えるようになったコツを紹介しているので、それを参考にWebライターを目指してみてください。

未経験からWebライターの始め方【働き方や年収・将来性まで徹底解説】 こういった疑問にお答えします。 □本記事の信憑性 1文字あたりの単価も0.3→0.7→1.0→1.5...
ABOUT ME
ミカエル
大阪在住商社マン。元トレーナーの経験、システム部門所属、フリーランス経験を活かした情報を発信中。 脱サラに向けて活動中。
関連記事