動画編集

テックアカデミーの動画編集コースの特徴やメリット・デメリットを解説!

テックアカデミーってプログラミングのイメージあるけど、動画編集コースってどうなの?

こんな疑問に答えます。

本記事のポイント

テックアカデミー動画編集コースの特徴やメリット・デメリットを徹底調査!

筆者の動画編集スクール出身という経験から、当コースを客観的に評価していきますl。

本記事の執筆者

筆者はブログ運営やWebライターをしながら、数ヶ月前に動画編集スクールstudio USに加入しました。

現在は編集スキルが身に付いてきて、案件を受け始めている状況です。

【卒業生が解説】studio USの評判・口コミを経験からレビュー!studio usを入会を検討中の方必見。本記事では受講生の筆者だからこそ分かる評判・口コミを徹底解剖します。studio usは作る動画の数が非常に多く、アフターエフェクトの力はかなり身に付きます。他にも入会に役立つ情報を書いてるので、ぜひご覧ください。...
\ 今だけ無料相談で500円分のAmazonギフト券がもらえる/

講師は全員実務経験3年以上の現役エンジニア!
98.7%の受講生が満足!

テックアカデミー動画編集コースの特徴

項目概要
料金(税込)
  • 4週間プラン:174,900円(学生:163,900円)
  • 8週間プラン:229,900円(学生:196,900円)
  • 12週間プラン:284,900円(学生:229,900円)
学習内容
  • インタビュー動画のカット編集
  • 細かいアニメーションを作成
  • 道案内動画を作成
  • トリック動画を作成
学習時間の目安(1週間あたり)
  • 4週間プラン:40〜50時間
  • 8週間プラン:20〜25時間
  • 12週間プラン:14〜18時間
学習方法
  • 学習・副業相談し放題のマンツーマン指導
  • 毎日15〜23時までの8時間、即座対応のチャットサポート
  • 課題レビュー受け放題
講師の特徴選考通過率はわずか10%

  • 現役動画編集者で実務経験3年以上
  • 独自の実践スキルテストに合格
  • コミュニケーション力テストに合格
割引
  • 無料体験
  • 無料説明会動画
  • 無料カウンセリング
  • 先割
  • トモ割
参加特典Adobe Creative Cloud コンプリートプランを3ヶ月無償提供

こんな方におすすめ

テックアカデミー「動画編集コース」はこんな方におすすめです。

  • YouTuberやYouTubeの編集をメインに活動したい方
  • premierproをメインに活動したい方

5Gの到来によりプライベートでもビジネスでも動画需要は日々拡大を見せており、

お得な割引

テックアカデミーでは学割の他にも多くの割引特典があります。

  • 無料体験→体験後、1週間以内にコース受講で10,000円引きクーポン
  • 無料説明会→対象の動画を視聴して10,000円引きクーポン
  • 無料カウンセリング→1回30分のカウンセリングで10,000円引き
  • 先割→対象プランに先行申し込みで5%引き
  • トモ割→友人や同僚と一緒に受講すると10,000円引き
  • 期間限定キャンペーン→期間限定でカリキュラムやトレーニングがもらえる

無料体験、無料説明会、無料カウンセリングは受講するイメージの確認の意味で参加すべきですが、そこで割引が受けられるのは大きいですね。

ただし、期間限定キャンペーン+先割以外の割引のみしか併用はできないので注意。

テックアカデミーの料金割引7選【2022年5月版】 こんな疑問にお答えします。 テックアカデミーの割引7つと注意点 今回紹介するテックアカデミーの割引は全部で7つです。...

期間限定キャンペーンは定期的に行われ、他コースの受講ができるなどの特典があるためお見逃しなく。

テックアカデミー動画編集コースを受講するメリット・デメリット

テックアカデミー動画編集コースを受講するメリット・デメリットは以下の通り。

メリット
  • 週に2回のマンツーマンメンタリングが受けられる
  • プレミアプロで多様な動画を作れる
  • Adobeソフトが3カ月分無償
デメリット
  • アフターエフェクトがない
  • テックアカデミーワークスは対象外

メリット①週に2回のマンツーマンメンタリングが受けられる

テックアカデミーでは現役で動画編集者として活動するメンターとの週に2回のビデオチャットでのメンタリングが受けられます。

プログラミングスクールでは度々ありますが、動画編集では質問はチャットでのやり取りが多いです。

ビデオチャットだからこそ、チャットよりも多くの質問ができ、成長のヒントを掴めるでしょう。

メリット②プレミアプロで多様な動画を作れる

テックアカデミー動画編集コースでは、下記のようなカリキュラムを学べます。

テックアカデミー動画編集コースで学べること
  • インタビュー動画のカット編集
  • 細かいアニメーションを作成
  • 道案内動画を作成
  • トリック動画を作成

これらを学ぶとYouTuberのVlogや、企業のインタビュー動画など案件が豊富にあるものも十分にこなせるでしょう。

ただし、CMやYouTubeのオープニングなど凝った演出はアフターエフェクトでないとできない場合もあるので、凝った演出を望むなら動画広告クリエイターコースがおすすめ。

\ 今だけ無料相談で500円分のAmazonギフト券がもらえる/

講師は全員実務経験3年以上の現役エンジニア!
98.7%の受講生が満足!

メリット③Adobeソフトが3カ月分無償

テックアカデミーの動画編集コースでは動画編集ツールのプレミアプロが入っている、Adobe creative cloudが3カ月分(税込18,744円相当)が無償提供されます。

studio US MovieHacksなどのスクールでは自分で申し込む必要があると考えると、これはかなり嬉しいですよね。

michael
michael
これはプレミアプロ以外にも、アフターエフェクトやPhotoshopなど他の動画編集ツールやデザインツールも一緒に使えます。

ただし、学習に使用する書籍の購入が義務付けられている点に注意しましょう。


デメリット①アフターエフェクトがない

テックアカデミー動画編集コースにはアフターエフェクトがありません。

VlogなどシンプルなYouTube編集であれば、プレミアプロのみでも問題ないです。しかし、オープニングやエンディングなど凝った演出をしたいときにプレミアプロでは不十分な場合があります。

あくまで副業の一つとして動画編集を学ぶならいいですが、クオリティの高い動画編集スキルを身につけ、しっかり稼ぎたい方には適しません。

その場合はデジタルハリウッドSTUDIO by LIG またはstudio USがおすすめです。

【卒業生が解説】studio USの評判・口コミを経験からレビュー!studio usを入会を検討中の方必見。本記事では受講生の筆者だからこそ分かる評判・口コミを徹底解剖します。studio usは作る動画の数が非常に多く、アフターエフェクトの力はかなり身に付きます。他にも入会に役立つ情報を書いてるので、ぜひご覧ください。...

デメリット②テックアカデミーワークスは対象外

テックアカデミーでは卒業課題と実力判定テスト合格後に、案件をもらえるテックアカデミーワークスというサービスがあります。

しかし、案件の種類がコーディング案件とWebデザイン案件とされており、対象コースに動画編集コースは入っていません。

※その他のフロントエンドコース・Webデザインコースが含まれるセットも対象

ただし、広告づくりに特化した動画広告クリエイターコースではテストに合格すると案件をもらえる仕組みがあります。

他の動画編集スクールを比べてみた

テックアカデミーの動画編集コース と他の動画編集スクールを比べてみました。

テックアカデミー 動画編集コースstudio USヒューマンアカデミー動画クリエイター講座デジタルハリウッドSTUDIO by LIGMovieHacks
料金(税込)174,990〜284,900円55,000〜165,000円6ヶ月:213,400円330,000円69,800円
期間1〜3ヶ月2ヶ月6ヶ月、1年3ヶ月なし
就活サポートありなしありありなし
特徴
  • プレミアプロに特化
  • メンタリングあり
  • 動画制作数が多い
  • 実績作りの案件がもらえる
プログラミングやデザインも学べる通学も可能で撮影や企画、マーケティングまで学べる
YouTube編集向きで安価

テックアカデミーはこの中で、プレミアプロの編集に特化している、ビデオチャットでのメンタリングがあるという2つの特徴があります。

また、他の動画編集スクールが気になる際は以下のような基準で選びましょう。

動画編集スクールの選び方
【口コミ・評判】ムービーハックスは稼げない?アオの案件獲得コンサルの内容も紹介! ムービーハックスはTwitterでも非常に評判の良い動画編集スクール。 その評判の高さから、動画編集スクールに入る際に必ず...
【卒業生が解説】studio USの評判・口コミを経験からレビュー!studio usを入会を検討中の方必見。本記事では受講生の筆者だからこそ分かる評判・口コミを徹底解剖します。studio usは作る動画の数が非常に多く、アフターエフェクトの力はかなり身に付きます。他にも入会に役立つ情報を書いてるので、ぜひご覧ください。...

動画編集者がテックアカデミー動画編集コースを考察

続いて動画編集スクールに通いながら、案件を受け始めている筆者がテックアカデミー動画編集コースの考察を述べます。

結論:個人的には他のスクールがおすすめ

筆者はstudio USに通いながら、案件を受けていますが、その観点からいうと他のスクールがおすすめです。

studio USでは、ほとんどアフターエフェクト、たまにプレミアプロという感じで動画を作ってきました。

そして企業のプロモーション動画などもいくつか作った気づきは下記の通り。

  • プレミアプロでできること→アフターエフェクトでもできる
  • アフターエフェクトでできること→プレミアプロではできない

これはYouTubeで情報発信している動画編集者の多くも言っており、筆者も身を持って感じています。

アフターエフェクトができるかどうかで収入に差が出る

YouTuberからの案件受注・自身がYouTuberとして活動するという場合はプレミアプロのみでもできますが、企業向けの案件ではアフターエフェクトでないと作れないものも含まれます。

そうなった時にアフターエフェクトが触れるか触れないかで収入に大きな差が開くというのが筆者の結論です。

このアフターエフェクトが重点的に学べるところは、studio USヒューマンアカデミー動画クリエイター講座デジタルハリウッドSTUDIO by LIGです。

【卒業生が解説】studio USの評判・口コミを経験からレビュー!studio usを入会を検討中の方必見。本記事では受講生の筆者だからこそ分かる評判・口コミを徹底解剖します。studio usは作る動画の数が非常に多く、アフターエフェクトの力はかなり身に付きます。他にも入会に役立つ情報を書いてるので、ぜひご覧ください。...

テックアカデミーの動画広告クリエイターコースもアフターエフェクトを扱いますが、デジタルハリウッドSTUDIO by LIGより値段は高いのに学べる量は少ない印象です。

YouTube編集に特化するにしてもMovieHacks

また、YouTube編集に特化する場合でもMovieHacksの方が価格と質の両方の面において優れている印象です。

MovieHacksは生ハム帝国として知られるYouTuberの福島寛人さんが講師を務めるスクールで、「すぐに稼げた」という口コミが非常に多いスクールです。

また、MovieHacks内での案件募集がされている他、TwitterでMovieHacks限定の案件募集も見かけました。

実際にMovieHacksを受講して稼げている方のインタビュー動画ですので、こちらもご覧ください。

\ 業界最安値でコスパ最強 /

卒業生限定で案件をもらえるお仕事案内所へ招待 質問は無制限・無期限で対応

https://www.balc-hack.com/moviehacks-review

テックアカデミー動画編集コースに関するよくある質問

カリキュラムはどんなものを使う?

オンライン上のテキストベースのものです。紙のテキストは取り扱っていません。

Webデザインコースと迷うけど、どっちがいい?

副業が最優先なら、「はじめての副業コース」がおすすめです。

メンターの指名・変更はできる?

指名・変更はできません。希望したメンタリング時間に合うメンターを割り当てます。

まとめ:テックアカデミー動画編集コース

今回はテックアカデミーの動画編集コースについて徹底解説してきました。

当コースは動画編集の中でも特にプレミアプロに特化していますが、先述の通り、個人的にはアフターエフェクトも十分に学べるスクールがおすすめ。

また、プレミアプロに特化してYouTube編集に特化するにしても、MovieHacksがおすすめです。

ただし、筆者の一個人の意見なので自身がどのような動画編集者になりたいのかによって最適なものを考えてみましょう。

筆者がおすすめする動画編集スクール
【口コミ・評判】ムービーハックスは稼げない?アオの案件獲得コンサルの内容も紹介! ムービーハックスはTwitterでも非常に評判の良い動画編集スクール。 その評判の高さから、動画編集スクールに入る際に必ず...
【卒業生が解説】studio USの評判・口コミを経験からレビュー!studio usを入会を検討中の方必見。本記事では受講生の筆者だからこそ分かる評判・口コミを徹底解剖します。studio usは作る動画の数が非常に多く、アフターエフェクトの力はかなり身に付きます。他にも入会に役立つ情報を書いてるので、ぜひご覧ください。...
ABOUT ME
ミカエル
ブログ運営の傍ら、TikTok・YouTubeの動画編集やディレクター業務、複数メディアのディレクション業務を行なっている。 現在、広告のシナリオライティングの修行中。
関連記事