トレーニング

ゴールドジムリストストラップをレビュー|使い方や効果、パワーグリップとの比較まで解説!

以前、使っていたシークのリストストラップがボロボロになり、新しいものを探していた中気になったのがゴールドジムのリストストラップ。

筆者のイメージはゴールドジムとシークは同レベルの品質のブランドだと思っているので、試しに買ってみました。

それから1年ほどゴールドジムリストストラップを使用してきたので、徹底レビューしていきます。

michael
michael
めちゃめちゃ使うわけではないけど、時々重宝するので持っておいて損はないですよ
  • リストストラップは握力の疲労軽減で背中の筋肉を追い込めるのがメリット
  • リストラップは手首保護が目的で、リストストラップとは全くの別物
  • リストストラップのおすすめ種目はデッドリフト、ベントオーバーロウ
  • ホールド力はリストストラップ>パワーグリップ
  • 懸垂でゴム製のラバーだとパワーグリップの方が良い
  • 洗濯は手洗い推奨だが、一応洗濯にも耐える

ゴールドジムリストラップレビュー|巻き方や使用感、購入者の声を紹介!筋トレの聖地と言われるゴールドジム。 そんな天下ブランドが販売する筋トレグッズはいずれも非常に優秀で、ベルトに至ってはほとんどのジ...

【トレーナー厳選】筋トレ初心者におすすめのギア5選【長く使えてコスパ最強】「筋トレを始めたばかりで、どんなグッズを買えばいいのか分からない」「最低限、筋トレ初心者が買えばいいものを知りたい」 このようなお...

ゴールドジムリストストラップとは

ゴールドジムリストラップとは、ゴールドジムが販売するリストストラップです。

カラーバリエーションは2種類に分かれており、特に背中のトレーニングにおいて活躍するグッズです。

ゴールドジムリストラップレビュー|巻き方や使用感、購入者の声を紹介!筋トレの聖地と言われるゴールドジム。 そんな天下ブランドが販売する筋トレグッズはいずれも非常に優秀で、ベルトに至ってはほとんどのジ...

リストストラップの効果

リストストラップの効果は懸垂やデッドリフトといった、プル系(引く系)の動作での握力疲労を軽減することです。

プル系の種目は背中がメインターゲットですが、素手でやると握力が先に疲弊し、十分に追い込めません。

そこでリストストラップを活用することで、握力疲労が軽減され、背中を満遍なく追い込めるようになるのです。

リストストラップは初心者や女性にも必要か

リストストラップは中上級者向けのグッズではなく、「効率的に背中を発達させていきたい方」なら誰でもおすすめのグッズです。

特に初心者は腕に負荷が逃げがちなので、リストストラップを活用して背中トレを行うことで逆三角形の身体への道が早まります。

michael
michael
女性は背中を鍛えることでVシェイプになり、相対的にくびれて見えるというメリットがありますよ。


⬆︎目次へ戻る

リストラップとリストストラップはどう違うの?

リストラップという名前の似たグッズがありますが、これは全く別物です。

リストストラップが握力の負荷軽減が目的であるのに対し、リストラップは手首の保護が目的です。

こちらでおすすめのリストラップについて解説しているので、気になった方はご覧ください。

【他は不要】リストラップおすすめ4選|使い方・選び方をトレーナー解説筋トレグッズの中で最も汎用性の高いもの、それはリストラップです。 そこで今回は数々のリストラップを試してきた筆者が、その中...

ゴールドジムリストストラップの使い方

リストストラップの使い方は、バーにストラップを余りがないように巻き付けるだけ。

バーと手が密着するように握り込めば、高重量のトレーニングでも十分に追い込めます。

実際に巻くとこんな感じ。


⬆︎目次へ戻る

リストストラップとパワーグリップの使い分け

リストストラップと同じ用途でパワーグリップというグッズがあります。(写真のように分厚いベロがついているのが特徴)

そこで気になるのが、どのように使い分けるべきかという問題ですが、結論好み次第です。

多くの人がリストストラップは巻くのが面倒なので、パワーグリップを好む傾向にあります。

michael
michael
僕は下から上に引く種目にリストストラップを使っています。それ以外の背中種目はパワーグリップを使っています。

筆者の場合は以下の通り。

グッズ種目
パワーグリップ
  • ラットプルダウン
  • 懸垂
  • シーテッドロー
リストストラップ
  • ベントオーバーロウ
  • デッドリフト
  • ワンハンドロー
オールアウトパワーグリッププロをレビュー|使い方やサイズ感、洗濯方法など解説!アマゾンで非常に評価が高く、価格も安めのオールアウトパワーグリッププロ。 当時、使っていたパワーグリップがボロボロで新しいパワーグ...

⬆︎目次へ戻る

リストストラップのおすすめ種目

続いて、リストストラップの使用に適した種目を紹介していきます。

デッドリフト

デッドリフトは全種目の中で最も高重量を持ち上げる種目で、非常に手が滑りやすいです。

なので、パワーグリップより密着度の高いリストストラップの使用がおすすめです。

ベントオーバーロウ

ベントオーバーロウは前傾姿勢でバーを腹部に向かって引きつける種目。

これも手が滑りやすく、握力の消費が激しいのでリストラップがおすすめ。

懸垂

懸垂はパワーグリップか、リストストラップかで分かれます。筆者はほとんどの場合、パワーグリップを使っています。

これはグリップ部分がゴム製のものが多く、ストラップの巻きつけが非常に面倒なのが大きな理由です。

パワーグリップはグリップが金属だろうが、ゴムだろうが関係なく使えるので懸垂はパワーグリップが個人的におすすめ。

その他種目

ゴールドジム公式は、背中のトレーニング以外ではサイドレイズ・アームカールなど手の握り込みを防ぎたい時の使用にも適していると謳っています。

michael
michael
個人的には腕、肩の種目は手首h後の観点から、リストラップの方がおすすめです


⬆︎目次へ戻る

ゴールドジムリストラップを使用したメリット・デメリット

続いて、ゴールドジムリストストラップを使用してわかったメリット・デメリットを紹介します。

メリット①重量を扱う場合はパワーグリップより適する

パワーグリップより何重にもバーに巻き付けるので、密着性が高く、滑り落ちることはありません。

デッドリフトやベントオーバーロウをやっていて、握力がすぐに持たなくなる人はリストストラップでその悩みが解決します。

メリット②パワーグリップより安い

パワーグリップの方が使いやすいのですが、価格が高いのがやはりネック。

例えばゴールドジムのパワーグリップは10,000円弱もしますが、同社リストストラップは1,980円です。

michael
michael
毎回の巻く手間が掛かっても安いものを取るか、トレーニングの汎用性を高値で買うかの違いですね。


⬆︎目次へ戻る

デメリット①巻くのが面倒

何よりも巻くのが面倒です。

筆者の場合はデッドリフトを2セットで2回巻き、ベントオーバーロウを3セットで3回巻きます。

michael
michael
5回でも面倒なので、他の種目ではパワーグリップに頼ってる感じですね

デメリット②設置部分がゴム製のラバーだとパワーグリップがおすすめ

懸垂やラットプルダウンのバーでありがちですが、ゴム製のラバーだとリストストラップの巻きつけがかなり面倒です。

この場合は普通にパワーグリップを使った方がいいです。


⬆︎目次へ戻る

ゴールドジムとシークのリストストラップはどちらがいい?

筆者はゴールドジムとシークを試すつもりで購入しましたが、結論ほとんど差はなかったです。

ただ、シークは革製のリストストラップも販売しており、革製は布製より手首へのフィット感が強いため高重量をより扱いやすいです。

値段も高くないので気になった方は見てみてください。




ゴールドジムリストラップの洗濯方法

洗濯方法はゴールドジム公式によると水洗いが可能ですが、手洗いを推奨しています。

筆者は普通に洗濯したこともありますが、ぶっちゃけ特に問題はなかったですよ。(とはいえ、洗濯は自己責任で。)

⬆︎目次へ戻る

ゴールドジムリストストラップは結局必要

今回はゴールドジムリストストラップについて解説してきました。

リストストラップはパワーグリップと用途が被っていますが、両方持っておくのがベストです。

価格面と機能面のメリット・デメリットを互いに補い合っているので、揃えておいて損はないです。

筆者はリストストラップを活用することで、デッドリフトの重量が170kgくらいまでいき、背中の厚みがかなり増しました。

筆者のようにあなたが、いち早く背中を発達させたいのなら、ゴールドジムリストストラップでその目標を達成しましょう。


ゴールドジムリストラップレビュー|巻き方や使用感、購入者の声を紹介!筋トレの聖地と言われるゴールドジム。 そんな天下ブランドが販売する筋トレグッズはいずれも非常に優秀で、ベルトに至ってはほとんどのジ...
【トレーナー厳選】筋トレ初心者におすすめのギア5選【長く使えてコスパ最強】「筋トレを始めたばかりで、どんなグッズを買えばいいのか分からない」「最低限、筋トレ初心者が買えばいいものを知りたい」 このようなお...
 ⬆︎目次へ戻る

 

ABOUT ME
ミカエル
ブログ運営の傍ら、TikTok・YouTubeの動画編集やディレクター業務、複数メディアのディレクション業務を行なっている。 現在、広告のシナリオライティングの修行中。
関連記事