プログラミング

【受講生が語る裏側】DMM WEBCAMPエンジニア転職コースの評判・口コミを徹底解説!

  • DMM WEBCAMPエンジニア転職って大手が運営しているから、やっぱり良いのかな?
  • 実際に受講した人の話も聞いて判断したい

こんな疑問に応えます。

本記事のポイント

DMM WEBCAMPエンジニア転職の基本情報から他スクールとの比較など徹底解説!

実際に受講した方の話も交えて実情をご紹介します!

本記事では実際にDMM WEBCAMPエンジニア転職受講して転職に成功した方の話も聞いてきました!

実際に受講して感じたメリット・デメリットに加えて、今後受講する人に向けてのアドバイスもいただいてきたので参考になること間違いなし!

実際の受講生の体験談から読みたい方はこちらをタップ

DMM WEBCAMPエンジニア転職の基本情報

料金(税込)350,800〜756,800円(給付金制度を加味した場合)
コース
  • 短期集中コース
  • 専門技術コース
  • 就業両立コース
転職失敗の場合の返金条件つきであり

DMM WEBCAMPエンジニア転職は最短3ヶ月で未経験からエンジニア転職を目指すプログラミングスクールです。

受講生からのフィードバックや移り変わるトレンドを日々教材に取り入れ、累計3,000回以上も教材を改善しています。

その甲斐あって、現役エンジニアの79%が「未経験者が挫折しにくい」と評価するカリキュラムが出来上がっています。

※株式会社ゼネラルリサーチによる現役エンジニア513名を対象としたサイトイメージ調査(2022年3月30日〜31日)

\ 未経験から最短3ヶ月でエンジニアへ /

転職できない場合は全額返金
転職成功率98% (2022年2月時点)

気になる転職先の例

DMM WEBCAMPエンジニア転職では、公式HPに転職先に多数の大手企業や事業会社への転職実績が載っています。

著名なものをいくつか挙げると下記のとおり。

  • 株式会社クラウドワークス
  • 合同会社DMM.com
  • チームラボ株式会社
  • 株式会社エイチ・アイ・エス
  • コインチェック株式会社
  • 株式会社パソナ
  • 株式会社USEN-NEXT HOLDINGS
  • 株式会社コアテック
  • ピクスタ株式会社

採用企業の声もこちらのページから読めるので気になる方はどうぞ。

コースは3種類に分かれる

DMM WEBCAMPは上記のように3つに分かれます。

短期集中コース専門技術コース就業両立コース
料金(税込)690,800円910,800円756,800円
給付金制度適用××
転職保証制度×
学習期間12週間16週間24週間
転職サポート開始1週目〜1週目〜24週目〜
今の仕事をやめるやめるやめない
習得言語
  • HTML/CSS
  • JS
  • jQuery
  • Ruby
  • AIクラウドなど
  • HTML/CSS
  • JS
  • jQuery
  • Ruby
  • Ruby on Railsなど
  • HTML/CSS
  • JS
  • jQuery
  • Ruby
  • Ruby on Rails
  • クラウドなど

専門技術コースでは経済産業省が認定した給付金を受給できます。条件を満たせば受講料の最大70%が教育訓練給付金として支給されるとのことです。

条件を満たさないと支給されないので、必ず下記の条件面を見ておきましょう。

※給付金を受給するための受給対象条件等は、ご自身で最寄りのハローワークにてご確認いただく必要があります。

※当給付金制度をご利用いただくためには、受講開始の1か月前までにハローワークにおける「支給申請手続」が必要となります。

※当制度を利用するためには、個人名義でお申し込み・受講料振込をしていただく必要があります。

※弊社では当制度のご利用に関して一切責任を負いかねますので、ご不明点は最寄りのハローワークにお問い合わせください。

※支給申請手続に申請した学習期間(修了期間)でコースを修了することが受給条件となります。

引用:https://web-camp.io/commit/price/

転職保証制度とは

DMM WEBCAMPエンジニア転職で転職できなかった場合に受講料を全額返金する制度です。なお下記の条件を満たす場合に限ります。

  • 対象コース:短期集中コース、就業両立コース
  • 年齢は29歳以下の方限定

その他の詳細は無料カウンセリングにて説明

\ 未経験から最短3ヶ月でエンジニアへ /

転職できない場合は全額返金
転職成功率98% (2022年2月時点)

DMM WEBCAMPエンジニア転職の学習内容

DMM WEBCAMPエンジニア転職では未経験からエンジニア転職を成功させるための下記の手厚いサポートがなされています。

手厚いサポート

DMM WEBCAMPエンジニア転職ではキャリアアドバイザー、ライフコーチ、メンターの3人からのサポートが受けられます。

サポート概要
  • ライフコーチ:週に1回25分のメンタリングを実施。不安やお悩み相談など
  • メンター:休校日以外の13〜22時にビデオチャットでの質問対応、学習の質問・課題添削など可能
  • キャリアアドバイザー:転職支援のカリキュラムやサポート

※ライフコーチは就業両立コースのみ。

カリキュラム

DMM WEBCAMPエンジニア転職では基礎から学び実務レベルまで到達できるよう、個人開発やチーム開発など独自のカリキュラムが用意されています。

短期集中コース専門技術コース就業両立コース
学習の流れ
  1. インプット学習
  2. チーム開発
  3. 個人開発
  1. インプット学習
  2. チーム開発
  3. 個人開発
  4. 専門技術学習
  1. インプット学習
  2. 個人開発

なお、各コンテンツの詳細は下記の画像を参照ください。

\ 未経験から最短3ヶ月でエンジニアへ /

転職できない場合は全額返金
転職成功率98% (2022年2月時点)

DMM WEBCAMPエンジニア転職の転職サポート

DMM WEBCAMPエンジニア転職では満足度94%を誇るキャリアアドバイザーが、受講開始〜卒業までをサポートします。

※所定の学習および転職活動を履行された方に対する割合(2022年2月時点)

転職サポートの流れは下記の通り。

なお、転職サポートの際は下記の点に注意しましょう。

転職サポートの注意点
  • 転職保証にはテストがある→講座を最後まで受講するのか、経歴や適性検査なども考慮
  • 転職先は東京と大阪がメイン

また、下記でリアルな転職サポートを受講した方の話を下記で紹介しているので参考にどうぞ。

\ 未経験から最短3ヶ月でエンジニアへ /

転職できない場合は全額返金
転職成功率98% (2022年2月時点)

DMM WEBCAMPエンジニア転職を受講して感じたメリット

続いて、実際にDMM WEBCAMPエンジニア転職を受講した方が感じたメリット・デメリットを聞いてみました。

メリット①切磋琢磨できる仲間ができた

チーム開発など他の受講生とコミュニケーション量が多く、自然と仲良くなりました。

しかも、彼らのほとんどが技術を身につけようと強い向上心があり、切磋琢磨できる健全な関係を築けました。

卒業後の今も技術の情報交換や、お互いの会社の情報共有などができ有意義な関係が続いているのでありがたかったです。

メリット②外部のエンジニアとも繋がれる

優秀な外部エンジニアの方と繋がれることが大きなメリットかと思います。

受講中から交流を深め卒業後でも関係が続いており、今でも技術課題で悩んだ時は相談させてもらっています。

仲良くなれば受講中だけでなく卒業後も繋がれるので、自分自身おかげさまで効率的にスキルアップできましたね。

メリット③面接が通りやすい

未経験で転職する場合に比べて面接が通りやすいと感じました。

友人は未経験転職でエンジニアを目指していましたが、なかなか内定を得ることができず苦労していた一方、私は2週間ほどで2社内定を取れました。

未経験OKの求人をを受ける場合は、他の求職者は未経験の方ばかりです。

一方我々は実務は未経験ですが、開発の経験もありますし、チーム開発の経験もあるので面接が通りやすかったのだと思います。

\ 未経験から最短3ヶ月でエンジニアへ /

転職できない場合は全額返金
転職成功率98% (2022年2月時点)

DMM WEBCAMPエンジニア転職を受講して感じたデメリット

DMM WEBCAMPエンジニア転職を受講した方の話ではメリットだけでなく、こんなデメリットも感じています。

デメリット①講師のスキルはピンキリ

エラーの解決を10分でできる人もいれば、1時間かかっても解決できない人もいるなどスキルにばらつきを感じました。

なので優秀なエンジニアかどうかを早い段階で見極めないと時間を多く無駄にしてしまうことが多々あります。

そして技術はあってもイマイチ何を言ってるか分からないなど、説明が上手くない方もいる気がします。

デメリット②一部ドロップアウトする人もいる

転職コースなのに転職活動を熱心にせず、結局転職活動を辞めてしまうような意識の低い人もいます。

当時転職率99%のような触れ込みでしたが、就職支援を最後まで受けた人のみのカウントなので数字の出し方がちょっとズルいと感じました。

自分の期では就職支援サービスを最後まで受けずにドロップアウトした人が1割以上いた。

デメリット③転職サポートが面倒に感じた

就職支援の専属の方との面談が少し面倒でした。

自己分析の深掘りなどをさせられる。面談回数も多く3回から4回ほどあり多少詰められることもありました。

それが嫌で就職支援サービスを辞退するメンバーも何人かいました。

自己分析を徹底的に行い、自分の現在地を認識させ、言ってしまえば「お前程度ではいい企業には行けないから現実見ろよ」と言い聞かせられられている感じで辛かったです。

DMM WEBCAMPエンジニア転職の受講に基づくアドバイス

転職活動はプログラミングスクールに頼りきりではなく自分でも探したほうがいいです。

なぜならスクールは良くも悪くも自分達の利益を求めており、完全に受講生に寄り添ったサービス提供とは言えないから。

自分でも求人を探して面接を受けてみて、スクールが提案してくる求人と比べて、市場価値にどれくらいギャップがあるのかを確認したほうがいいでしょう。

私はスクールに求人を出す会社はスクールに報酬を払っているので、その分求人の給料が下がると思っています。

この点からも転職サポートは受けつつも、自分で見つけた求人をメインに面接を受けていくといいと思います。

DMM WEBCAMPエンジニア転職と他のスクールを比較してみた

DMM WEBCAMPエンジニア転職と他のプログラミングスクールを比べてみました。

DMM WEBCAMPエンジニア転職テックアカデミーエンジニア転職CodeCampGATE侍エンジニア塾デイトラWEBアプリ開発コースSkill Hacks
料金(税込)350,800〜756,800円

(給付金制度を加味の場合)

437,800円495,000円
  • 16週間:495,000円
  • 24週間:781,000円
99,800円79,800円
入会金(税込)なしなし33,000円99,000円なしなし
期間12〜24週間16週間4ヶ月16〜24週間
  • カリキュラムは無制限
  • メンターへの質問は1年間
無制限
転職サポートありありありありなしあり
転職失敗の場合の返金条件を満たせばあり条件を満たせばありなし条件を満たせばありなしなし
学習言語
  • HTML/CSS
  • JavaScript
  • jQuery
  • Ruby
  • Ruby on Rails
Java
  • HTML/CSS
  • PHP
  • JavaScript
  • jQuery
  • Ruby on Rails
  • MySQL
  • Laravelなど
  • AWS、Ruby on Rails
  • Laravelなど
  • HTML/CSS
  • JavaScript
  • jQuery
  • Ruby on Rails
  • SQLなど
  • HTML/CSS
  • Ruby
  • Ruby on Rails
特徴
  • 多くの著名企業への転職実績
  • ビジネス研修も含まれる
  • 1000社以上の未経験者向け求人
  • 週2回のマンツーマンメンタリング
オンラインマンツーマンレッスンAWSの資格が身につく
  •  とにかく安い
  • 違うコースの受講生と交流可能
  • 圧倒的に安い 
  • 無制限の質問サポート
  • 追加費用なしで「転職クエスト」利用可能

デイトラ以外は転職サポートがついており、中でもコスパ重視ならSkill Hacksが圧倒的におすすめ。

その他は期間や料金、返金保証制度などはあまり差がないので、言語やメンタリングの有無などで判断するとよいでしょう。

プログラミングスクールの選び方

DMM WEBCAMPエンジニア転職に関する質問

PCのスペックの指定はありますか?

PCは下記のスペックと指定されています。

【必要なPCスペック】
■ Mac
最新のmacOSが動作するmacPC
プロセッサ:Intel Core i5以上(デュアルコア 2Ghz 以上)
メモリ:8GB以上
ストレージ:SSD128GB以上
*最新版のMacBook Air, MacBook Proを推奨
*中古品や譲渡品などは、発売年によってはスペックを満たしていない場合があります。
■Windows
Windows 10以降(64bit)
メモリ:8GB以上
プロセッサ:デュアルコア 2Ghz 以上のCPU
ストレージ:SSDもしくはHDD128GB以上(eMMCは不可)

【必要なデバイス】
Webカメラ・マイク

引用:https://web-camp.io/commit/program/

PCのレンタルは可能ですか?

提携するPCレンタル会社より、MacBookAir13インチを有償でレンタルできます。

(詳しくはカウンセリングで紹介されます)

まとめ

今回はDMM WEBCAMPエンジニア転職の評判や口コミ、実際に受講した方の感じたメリット・デメリットなどを紹介してきました。

文字通り、転職向けのスクールであるため、実務経験はなくともチーム開発・個人開発などの経験を活かせるため面接には強いとの評判でした。

転職サポートは厳しくて面倒に感じることもあるようですが、それでも受講した方は2週間で2社内定を取っているので転職できる確率は非常に高いと言えます。

「年収を一気にあげたい」「エンジニアとしてリモートワークしたい」といった理由でエンジニア転職を考えている方はぜひDMM WEBCAMPエンジニア転職の無料カウンセリングを受けてみましょう。

\ 未経験から最短3ヶ月でエンジニアへ /

転職できない場合は全額返金
転職成功率98% (2022年2月時点)

また、他のスクールが気になる方はこちらからもう一度比較検討してみましょう。

【迷うならこれで決めろ】テックアカデミーとテックキャンプの5つの違い! これからプログラミングを始めたいけどテックアカデミーとテックキャンプのどちらにするか苦戦している。そんな方のために現役エンジニアがお...
【卒業生の結論】デイトラとテックアカデミーを4項目で徹底比較! プログラミングを始める前、実際に僕も同じ悩みをかかえていました。 結果的には、デイトラの「Web制作コース」を選びましたが...
ABOUT ME
ミカエル
ブログ運営の傍ら、TikTok・YouTubeの動画編集やディレクター業務、複数メディアのディレクション業務を行なっている。 現在、広告のシナリオライティングの修行中。
関連記事